天皇陛下御在位30年記念式典において、天皇陛下がお言葉を述べられました。

その際、陛下が原稿をお読みになっていましたが、なんと原稿を1枚読み飛ばしてしまいました。

するとすぐに、皇后陛下が近寄られ、陛下に優しくそのことをお伝えします。

その時の動画を紹介します! 

スポンサーリンク

【天皇陛下御在位30年記念式典のお言葉】の動画を紹介

 

出典:朝日新聞

 

天皇陛下と皇后陛下は、長年互いに支え合いながら、時を過ごして来られました。

その姿は、多くの人の心に残っているでしょう。

だからこそ、お二人の関係は非常に深く、何物にも代えがたい強い絆を保っているのでしょう。

 

天皇陛下御在位30年記念式典のお言葉を天皇陛下がお読みになっている時、お二人の普段のお姿を少しだけ拝見できるような場面がありました。

天皇陛下御在位30年記念式典のお言葉の原稿を、天皇陛下がお読みになっているとき、なんと陛下は原稿を1枚飛ばしてしまいました。

天皇陛下ご自身はお気づきにはならず、そのまま読み進めようとされていました。

 

そんな時、美智子皇后陛下がスッと近寄り、声をおかけになりました。

ちょっとしたシーンでしたが、お二人の関係がとても深く、強いものであることを感じさせました。

 

そんな動画(映像)がこちらです。

 

「えっ、なに、どうして、あっそうか、どうもすみません」

そんな普通の会話を、お二人でされていて、本当に微笑ましかったですし、陛下の人格が本当に素晴らしいのを感じられる場面でした。

しかし、皇后陛下は、天皇陛下の原稿読み飛ばしにすぐにお気づきになりました。

それは、きっとご自宅にて、天皇陛下が原稿を読んでいるのを、そばで聞いていたからでしょう。

このような関係があったからこそ、すぐにお言葉が違うということに気づくことができたのだと思います。

お二人で、いつも一緒に公務を行なっておられること、天皇陛下はそんな美智子さまの支えに感謝されていることを、本当に感じることができた場面でした。

スポンサーリンク

天皇陛下御在位20年記念式典時の貴重な動画

これは、今から10年前の、天皇陛下御在位20年記念式典の時の動画です。

この時も、美智子さまはずっと陛下のそばにおられ、常に支える姿勢を示しておられます。

お二人の関係は、10年経っても全く変わっておられないということがよく分かりますね。

本当にすてきなお二人を見られて、良かったです。

あとは、譲位に関することが残っていますので、健康にくれぐれもお気をつけていただきたいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事