アジア大会に参加している日本のバスケ代表の4人が処分されるというニュースが入ってきました。

非常に残念ですが、日本代表としての品位に欠ける行為とはなんでしょうか?。

メンバーの中で誰が処分を受けたのでしょうか?気になる名前に関する情報を紹介します。

 

スポンサーリンク

ジャカルタで開催中のバスケアジア大会での不祥事

 

18回アジア大会で、日本代表として参加しているメンバーの4人が、日本代表としての品位に欠ける、ふさわしくない行動のために帰国させる処分となる模様。

具体的にどのような行為によって、日本代表として品位に欠けるふさわしくない行為となったのでしょうか?

 

ジャカルタには「ブロックM」という場所があり、ココは歓楽街として知られており、女性をお持ち帰りできる店が立ち並んでいます。

つまり日本の歌舞伎町のような場所と理解していただければ良いでしょう。

アジア大会に参加している最中に、その場所に行ったことも大きな問題ですが、代表メンバーはなんと日本代表シャツを着たまま「Mブロック」に行ったということです。

 

自分たちは、日本を代表してアジア大会に参加しているということを知らせながら、歓楽街を歩いたことは、やはりふさわしくない行為ということになるでしょう。

一般的にはカラオケ街としてしられているものの、日本のカラオケとは少しイメージが異なっています。

 

ジャカルタのカラオケには、女の子がいて店に行った後には、女の子と一緒に帰ることができます。

イメージ的にはキャバクラやスナックという感じになるでしょう。

ですから旅行者のなかには、「Mブロック」を目的にジャカルタを訪問する男性もいるほどです。

 

強制的に帰国処分になるメンバーの名前は?

 

ジャカルタのアジア大会に参加している日本代表メンバーの名前は以下のようになっています。

 

■男子5人制 日本代表メンバー #3 辻 直人 (SG / 川崎ブレイブサンダース) #4 中村 太地 (PG / 法政大学) #8 太田 敦也 (C / 三遠ネオフェニックス) #9 ベンドラメ 礼生 (PG / サンロッカーズ渋谷) #13 橋本 拓哉 (PG/SG / 大阪エヴェッサ) #27 熊谷 尚也 (SF / 大阪エヴェッサ) #30 今村 佳太 (SF / 新潟アルビレックスBB) #32 シェーファー アヴィ幸樹 (C / ジョージア工科大学) #41 佐藤 卓磨 (SF / 滋賀レイクスターズ) #43 永吉 佑也 (PF / 京都ハンナリーズ) #65 玉木 祥護 (SF/PF / 筑波大学) #88 張本 天傑 (SF/PF / 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ) ■男子3人制 日本代表メンバー #10 保岡 龍斗 (F / 秋田ノーザンハピネッツ) #14 荒川 颯 (G / 拓殖大学 3年) #23 杉本 天昇 (G / 日本大学 2年) #24 松脇 圭志 (F / 日本大学 3年)

 

今回、処分の対象になった4人の名前は、以下のようになっています。2018年8月20日発表済み

橋本拓哉:大阪エヴェッサ
今村佳太:新潟アルビレックスBB
佐藤卓磨:滋賀レイクスターズ
永吉佑也:京都ハンナリーズ

おそらく20日の朝には、JBAから正式に発表されることでしょう。

すでに上記のように発表されています。

 

処分理由も追加で発表されています。

カラオケ店に行き、その後女性を連れてホテルに行き、行為を行なってから選手村に戻ったとのことです。

想像した通りの結末でした。

 

日本代表まで選ばれる実力のある選手だからこそ、本当に残念ですし、あってはならないことです。

しかし日本代表ポロシャツを着用したまま、Mブロックに行くというのは、根本的に自覚が欠けていた、もしくはMブロックについて理解していなかった可能性もあるでしょう

引き続き続報をお伝えします

更新:追加情報は以下のページにあります。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事