ユーパーライトという不思議な鉱石が発見されました。

光る石(鉱石)として注目を集めていますが、名前の由来や、誰がどこで発見したのか解説していきます。

日本でもユーパーライトを購入できるでしょうか?

 

スポンサーリンク

ユーパーライトは誰がどこで発見したのか?名前と場所を解説

 

不思議な石であるユーパーライトですが、まずは本当に光る石なのかを確認するために、動画をご覧ください。

 

 本当に光っていますよね、しかもかなり幻想的で神秘的な輝き方です。

この鉱石を発見したのは、エリック・リンタマキさんという方です。

 

 

アメリカのミシガン州にあるスペリオル湖の湖畔で発見したということです。

エリック・リンタマキさん(Erik Rintamaki)は、もともと鉱物の収集を行っておられる方のようで、採集を行っている時に偶然「ユーパーライト」を発見したということです。

 

 

しかし、エリック・リンタマキさん(Erik Rintamaki)は、第1発見者ではなく、この石を調査に出した方のようですね。

 

「ユーパーライト」は、紫外線を照射すると光るようになるようです。

しかし、紫外線がユーパーライトに含まれる蛍光ソーダライトを光らせることによって発光します。

実際、他にも方ソーダ石という石があり、この石も「ユーパーライト」と同じように紫外線(UV)を当てるとオレンジ色に発光します。

 

参照:きらら舎

 

通常ソーダ石は、青い色をしており、紫外線を当てても発光することはありません。

方ソーダ石という石のみが、UVによってオレンジ色に発光するようになります。

この発光の色は、産地によって異なっており、今回発見された「ユーパーライト」に含まれている蛍光ソーダライトはオレンジに光るようです。

 

参照:ツイッター

 

こうした鉱物についての発見を見る度に、偽物ではないのか、映像を加工しているのではないかと疑いたくなりますが、実はすでに「ユーパーライト」については、大学で調査が行われています。

 

結果は・・・

 

 

ミシガン州立大学サスカチュワン大学は、この「ユーパーライト(Yooperlites)」を新種の鉱石として認定しています。

つまり然るべき権威によって、「ユーパーライト」は本物の新しい鉱石として認められているわけです。

これは本当に素晴らしい発見であり、一度は見てみたい、あわよくば購入したいと思いますよね。

 

では「ユーパーライト」は日本でも購入できるのでしょうか?

 

ユーパーライトは現在日本では販売されていない

 

非常に残念ですが、現在「ユーパーライト」を購入できるストーンショップは存在していません。

しかし似た鉱石である「方ソーダ石」というものは日本でも購入可能です。

パワーストーンショップでも販売しているところもあります。

 

今後は、今回のニュースを受けて、輸入する業者が出てくるかもしれませんので、その時にはこちらで紹介します。

でも本当にすごい鉱石ですね。

まるで、天空の城ラピュタに出てきた「飛行石」のような石です。

 

または「インディー・ジョーンズ魔宮の伝説」に出てきた「サンカラ・ストーン」そのもののように見えてきます。

一度は実物を見てみたいと思いますよね。

 

現在は、自分でユーパーライトが採れるミシガン州のスペリオル湖に行かなければなりません。

もしくは、エリック・リンタマキさん(Erik Rintamaki)自身が、「ユーパーライト」を販売しているので、彼のFACEBOOKで購入できます。

 

実際、ベルギーやイギリス、シンガポールの人々へ「ユーパーライト」をすでに販売しているようです。

価格は1ポンド(454g)で$32です。

なんとユーパーライトのツアーまで企画しているようで、9月7、8,9日の夜9時から1人$50でツアーに参加できたようですね。

エリック・リンタマキさん(Erik Rintamaki)は、ユーパーライトで一攫千金状態のようですね。

ツアーの申込も、FACEBOOKからできます。

 

もし購入がイヤである場合は、アメリカへの旅行計画をして、以下の場所まで行ってみてください。

スペリオル湖の「Whitefish Point an Grand Marais, and on the Keweenaw Peninsula」で採れる可能性が高いということです。

 

 

ここまで行けば、無料で「ユーパーライト」を手に入れることができるかもしれませんよ。

 

Yooperlitesさんの投稿 2018年5月21日月曜日

 

「ユーパーライト」が湖にゴロゴロ転がっている可能性もありそうです!

 

日本で輝いている女性と言えば、佳子さまと大坂なおみ選手です(ちょっと無理やりでしょうか(笑))

2人についての記事はこちらです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事