テレビ朝日アナの中でも、とても可愛いと評判の林美沙希アナが、何と「スーパーJチャンネル」のメインMCになった。

そんな人気の高い林美沙希アナのプロフや経歴、学校、身長や体重やカップについて調べています。

参照:インスタグラム

  

スポンサーリンク

林美沙希アナのプロフィールや経歴とは

 

簡単に林美沙希アナについてご紹介します。

 

名前:林美沙希(はやしみさき)

大学:明治大学

入社日:2013年

テレビ局:テレビ朝日

資格:PADIオープンウォーター

趣味:旅行、動物

特技:水泳、楽器

出身地:愛知県

カップ:Cカップ

身長:162cm

参照:日本テレビ

 

林美沙希アナはもともとモデルをやっていたので、かなり細身でスタイルの良い女子アナです。

モデルをやっていたと聞くと、やっぱりな~と感じた方も多かったのではないでしょうか?

他のアナウンサーの方も可愛い方や綺麗な方も多いですが、林美沙希アナはまたちょっと他のアナウンサーとは違う雰囲気がありますね。

 

最近はアイドル上がりのアナウンサーも増えてきていますが、そのような類ともちょっと違う雰囲気があって良いですね。

 

林美沙希アナの性格は、自己申告ですが「素直」ということです。

人を外見で判断してはいけませんが、確かに素直そうな顔をしています。

 

すみません、完全に自分勝手な判断ですが、きっと皆さんにも同調してもらえると信じています。

 

読者モデルをしていた時の林美沙希アナの画像

参照:http://www.minp-matome.jp/

 

明治大学在学時に、雑誌「ティアラ」で読者モデルをしていたようですね。

数年前の写真なので、ほとんど今と変わらない印象ですが、明るさと清楚さが感じられる女性です。

実は読者モデルと聞いたときに、いつものよく知らないような雑誌のモデルだったのかと疑っていました。

それで雑誌の名前を調べたら、なんとティアラのモデルさんだったんですね。

 

なんだか大変申し訳ない気持になってしまいました。

ティアナの対象年齢は、高校生や中学生というよりも、大学生以上の女性です。

林美沙希アナの雰囲気にぴったり合っている雑誌だったので、とても納得してしまいました。

 

 

スポンサーリンク

林美沙希アナの経歴や家族についてもご紹介

 

参照:インスタグラム

 

林美沙希アナの出身地は愛知県名古屋市で、少し田舎の方で育ったのか、いつも弟と川に行って遊んでいたという事です。

弟は2人もいるようなので、お姉さん気質とも言えるでしょう。

こんなに綺麗で可愛いお姉さんがいたら、弟は嬉しいでしょうね。

 

個人的に姉がいますが、これも確かに自慢の姉でした。

外見というよりも非常に優秀な姉だったので、勉強を教えてもらったりして、本当に助かりました。

 

林美沙希アナを見ていたら、そんな自分の姉を思い出してしまいました。

それにしても、幼いころから弟と一緒に遊んでいたということですが、実際にどんなことをしていたのかというと…

 

なんと川でザリガニ取りをしていたようです。

ザリガニを手づかみで取る、みなさんできますか?

 

そんなワイルドな一面もある林美沙希アナです。

 

高校に入学した後は、中学から続けていた吹奏楽を引き続き行ない、ユーフォニウムという楽器を担当したとのことです。

その後明治大学に入学しますが、学校へはアルバイトをしながら頑張って通っていたようです。

こうした面もとても親近感を持てますし、応援したくなる経歴ですね。

大学に通っていた時に、「TiaraGirl」という雑誌の読者モデルをしていたようですね。

 

これまでに担当したTV番組も紹介

 

林美沙希アナがこれまでに担当した番組は、「はい!テレビ朝日です」で司会を経験したことがあります。

他にも、「報道ステーション」でお天気キャスターもしていましたので、その時の画像が下の写真になります。

こんなお天気お姉さんだったら、次の日が雨でもぜんぜん構いませんね。

何度見ても、増えすぎたアイドルなんかよりも、ずっと可愛くて時間を忘れて見ていられるような気持ちになりますね。

 

参照:日本テレビ

 

参照:日本テレビ

 

林美沙希アナの可愛い画像

おそらく林美沙希アナは、今後テレビ朝日の主力アナになっていくでしょう。

今回のスーパーJチャンネルは、そのための第一歩と言えるでしょう。

林美沙希アナ本人は「老後に1人ではいたくないので結婚したい」と言っているので、30歳前には電撃結婚なんでニュースもあるかもしれませんね。

いずれにしても、今後がとても楽しみな女子アナが、スーパーJチャンネルを担当することになって、またニュースを見る楽しみが1つ増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事