日本のサッカー選手の中で、数多くのタイトルを獲ったサッカー選手である「中村俊輔」が引退について語りました。

偉大な日本人サッカープレーヤーが、また一人現役を退くことになると、本当に寂しい限りです。

以前から中村俊輔は40歳までは現役をしたいと言っていたので、その時期と成績が重なり話題になっています。 

スポンサーリンク

中村俊輔が語る引退とは?いつまで現役を続けるのか?

 

中村俊輔がスコットランドで活躍していたのは、すでに周知の事実です。

スコットランドプレミアリーグでの「Shunsuke Nakamura」の人気は不動のものであり、中村俊輔を知らない人はいないほどです。

スコットランドから日本のJリーグに復帰し、横浜Fマリノスに戻った時のこと、中村俊輔へのインタビューが行われたんですね。

 

その時、中村選手は自身の引退と将来の目標について語ってくれており、これが中村俊輔の引退と大きく関係してくるでしょう。

20142月の段階で、中村俊輔はすでに「35歳」であり、サッカー選手としてのピークは過ぎている状態だったといえます。

 

野球選手と異なり、サッカー選手の寿命は非常に短いため、35歳まで現役でプロスポーツ選手を行える選手はあまり多くありません。

どんなに偉大な選手であったも、35歳という年齢には勝てないというのが、常識です。

まぁ、三浦知良(カズ)のような例もありますが、あくまで三浦選手は異常ですね。

 

実際、中村選手はインタビューの中でも、自身のサッカー選手としての人生は「40歳」までと語っていました。

実際のコメントは以下のようになります。

 

40歳までサッカーをやりたい

 

つまり40歳という年齢は、明確な時というよりも、その年齢まではサッカー選手でありたいというものですよね。

さらに重要なこととして「Jリーグでの優勝、MVP」をもう一度とりたいという希望も持っています。

インタビュー映像はこちら

 

スポンサーリンク

中村俊輔の描く将来や目標とは?

 

スコットランドやスペインでのプレー経験のある中村選手だけに、やはり海外への思いがとても強いようです。

インタビューの中では、自身の今後についても語っていました。

 

海外で監督やコーチとして活躍している日本人は、ほとんどいないので、この分野に挑戦していきたい。

フリーキック専門のコーチなんてのもいいですね~

1週間に1度しか来ないんですけど、いろんなクラブを回ってフリーキックを教えていくんです。

引用:YouTube

中村俊輔の現役引退後の目標とは

 

中村俊輔は今後の目標について、このように語っていました。

とても中村選手らしいというのは、「フリーキック専門のコーチ」というところですね。

正直な感想を言うと、現実的な選択肢にも入ってくるのではないかと思います。

 

中村選手と言えば、フリーキックという代名詞が付いてきますし、そのレベルの高さは世界中で知られています。

本気で考えるなら「フリーキック専門コーチ」もできると思いますし、本当にそうやってみてほしいです。

あの正確無比なフリーキックは、きちんと伝承していかなければいけません。

「日本の至宝」と言っても過言ではない中村選手のフリーキックですからね。

マンチェスター・ユナイテッド戦で見せた、あの芸術的なフリーキックは忘れられませんね。ちょっと映像は良くありませんが、当時の興奮が伝わってくる映像です。

日本人がここまでスコットランドの方を喜ばせているシーンは、本当に感動しますね。

 

スポンサーリンク

中村俊輔選手の引退について話題になっている理由

 

参照:ゲキサカ

 

中村選手の引退について考える歳、2つのポイントがあります。

インタビューからの検証です。

 

  • 年齢
  • シーズン中の成績

 

最初は年齢という部分ですが、本人が40歳までは現役を続けたいと述べているところから、やはり40歳という部分が大きく関係してくるでしょうね。

中村選手は、1978624日が誕生日なので、2018年の時点ですでに40歳を迎えています。

2019年のシーズンは、40歳で迎えることになり、シーズン中の6月にに41歳となります。

この年齢を見てみても、やはり引退という文字が現実的なものとなることが分かりますね。

 

さらに中村選手ほどになると成績にも注目が集まるものです。

2018Jリーグの成績は、これまでの中で最低のものになってしまいました。

現在は、J1に所属するジュビロ磐田でプレーをしている中村俊輔ですが、チームはなんとかJ1に残留できるというレベルです。

 

2018シーズンは、出場がたった16試合となり、これまでのJリーグでの出場試合の中で、最も少ない数字になってしまいました。

さらにシーズンを通じて「得点が0」である点も注目すべきポイントになります。

これまで中村俊輔が、Jリーグを無得点で終えたことは1度もありませんでした。

これは本人にとっても非常に大きな問題となっているでしょう。

「年齢」と「成績」という2つのポイントで言えば、中村俊輔選手は2018年シーズンでの引退もしくは、2019年シーズンでの引退となるかもしれません。

 

しかし2018年シーズンに、中村俊輔選手にとっても大きな出来事があり、それが中村選手の引退時期に影響しています。

 

川口能活選手の引退

 

中村選手にとって、かつてのチームメイトである「川口能活」選手が2018年に引退をしました。

横浜Fマリノスで友としてプレーした川口選手は、中村俊輔よりも3歳年上の元日本代表キーパーですよね。

川口選手の引退を目にして、中村選手は次のように考えたようですね。

 

「能活さんほど、自分は本当にもがいただろうか・・・・?

「もっとできるのではないか?」

引用:ゲキサカ

 

中村選手は上記のように語っています。

つまり、現在の中村俊輔選手は、40歳だから引退する、成績が落ちたから引退するという気持ちではないようですね。

個人的には2014年当時の中村選手とは、心境が大きく異なっていると感じました。

またサッカー選手としての中村俊輔を、もっと見ることができるというは、サッカーファンとして嬉しい限りですよね。

まだまだ2019年もジュビロ磐田に所属する、プロサッカープレーヤーである「中村俊輔」に注目していきたいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事