青森の高校生バンド「No title」が「GReeeeN」とコラボし、その曲が最高です。

どうもGReeeeNが、「No title」のボーカル「ほのか」の声に惚れ込んで、コラボが実現したようです。

「No title」の単独の曲や学校、画像やプロフや経歴といった、「No title」の情報を満載しています。

 

スポンサーリンク

【No title】は青森県の高校生バンドでLINE MUSICで1位を獲得!

 

参照:Fashion J

 

「No title」は、まだまだ知名度が高いとは言えない、高校生のバンドです。

しかし国内の7000人のLINEユーザーの中からスターを発掘する「LINE MUSIC」というオーディションで第一位に輝いています。

すでにGReeeNのプロデュースでデビューを飾っていますが、なんと今度はGReeeeNとのコラボを実現しています。

 

LINE MUSICは「歌唱力」「表現力」「独自性」という3つのポイントで、グランプリを懸けて戦う、本物のオーディションでした。

その中で勝ち抜いたわけなので、「No title」は実力のあるバンドでしょうが、なにしろまだ高校生です。

どのようなバンドなのか、メンバー構成などを詳しく紹介します。

 

「No title」のメンバーは誰?プロフィールや経歴情報

 

「No title」は3人で構成されているバンドであり、構成メンバーは以下の3人です。

 

ボーカル&ギター:ほのか(帆乃佳)

ギター:あんべ(リーダー)

ピアノ:ポチ(ゆうと)悠人

 

年齢:16歳(2018年現在高校1年生)

出身地:青森県三沢市

バンド活動開始:2016年9月

デビュー曲:「rain stops, good-bye」(GReeeeNのJINがプロデュース)

 

このプロフィールを見る限りでは、ほとんど大きな活動をしないまま、オーディションで総合ブランプリを獲得してしまった、まさにシンデレラストーリーというイメージです。

 

バンド開始が2016年9月(中学3年生の文化祭)で、「LINE MUSIC」のオーディションが始まったのが、2017年2月であるため、バンド結成からたった5ヶ月でオーディションが始まった計算になります。

 

スポンサーリンク

「No title」がバンド活動を始めたきっかけやバンド名の由来とは??

 

「No title」がバンド名になりますが、なぜこの名前になったのか、それはバンド結成の由来と関係があります。

中学校最後の文化祭で、「あんべ」が文化祭で披露するためのバンドを組みたいと、小学校と中学校が同じだった「ほのか」「ポチ」を誘ったのが始まりです。

バンドを組んだものの、バンド名が決まらず、とりあえずバンド名なしで「No title」という名前になったようです。

 

このようなエピソードを見ると、どれだけ即席だったのかという感じですよね(笑

中学3年生で始めたバンドだったため、すぐに受験となり、一時期活動が停止した時期もありました。

3人とも無事に高校進学できた後、地元でのライブ活動を始め、自分たちの演奏を【You Tube】で流し始めます。

3人が文化祭で演奏した動画は、なんと素人にもかかわらず「100万回再生」を達成しています。

 

「No title」の動画と画像と紹介

文化祭の時の映像があります。

その時の映像がこちらです。

 

ちょっと、ゾクっとしてしまいました。

とても、とても透明感のある声で、心をグッと掴まれてしまった感じがします。

 

カバー曲ですが、ボーカルの「ほのか」の声にピッタリ合っている曲なので、本当に良い歌だと感じますね。

何度でも、何度でも聞ける心に達する歌声ですね。

こちらの歌は「荒井由実」さんの「ひこうき雲」を歌っています。
個人的には、この曲も最高だと思いますよ。
やっぱり、ゆったりした曲の方が雰囲気に合っているように感じますし、本家よりもグッときました。

 

「No title」の画像

 

バンドの中心となる、ボーカル「ほのか」ちゃんの画像があります。

とっても可愛らしい女の子ですね。声にピッタリな透明感のある子ですね。

 

「あんべ」と「ポチ」の画像はこちらです。

【No title】が通っている学校(高校)はどこ?名前は?

上記で紹介した動画は、文化祭で歌っているときの映像です。

この動画は、三沢高校文化祭の時の映像であるため、「ほのか」「ポチ」「ゆうと」の3人は、青森県三沢高等学校にかよている可能性が高いと思いますね。

 

こんな歌声が聞けるなら、毎年のように三沢高校文化祭に参加したいものです。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事