中国のスターバックス(星巴克)で、数量限定で「猫の手カップ」が販売され、販売量の少なさから異常なほどの人気になっています。

中国では、入手の際に喧嘩まで起きているようで、動画や画像を紹介します。

「カップ」程度のことで、本当に悲しくなります。

 

合わせて、日本で「猫の手カップ」が発売されるのかも調査しています。

 

スポンサーリンク

中国で起きたスタバ「猫の手カップ」争奪戦けんかの動画や画像

 

出典:YOUTUBE

 

みなさんご存知のように、中国の人口は10億を超えていますので、とにかく人が多い。

そんな中、スターバックス(中国)で数量限定の「猫の手カップ」が販売されました。

毎日1,000個の販売を行なったところ、すぐに売り切れとなるほどの加熱した人気になっています。

 

人口が多いため、当然「猫の手カップ」の争奪戦が、各地で起きるようになってしまいました。

その時の映像があるので、ご紹介します。

最初に、断っておきますが、これは1つの「カップ」を巡る戦いです(笑)

なかなか、ここまではできませんよね。本当にほしかったのでしょう。

ちなみに中国では「猫の手カップ」のことを「猫爪杯」といいます。

スターバックスは「星巴克」です。 

 

 

スポンサーリンク

スターバックスが販売を煽るために限定販売にしたのか?

 スターバックスが、限定商品として販売するカップは、販売個数が限られているため、どうしても問題になることがあります。

これは中国だけの話ではなく、アメリカでも同様の問題が起きています。

購入希望者が、実際に購入できずに苦情をスタバに言うということも少なくないようです。

もちろん喧嘩はしませんが・・・。

 

こうした流れを受けて、スタバが購買意欲をあおるために、限定販売をしているのではないかという指摘がされています。

もちろんマーケティングとしては、この方法が悪いわけではないです。

むしろ購買意欲を刺激することは常套手段とも言えるでしょう。

しかし、こうした騒ぎがなんども起きてしまうのであれば、最終的にはスタバのイメージが悪くなっていくことも考えられます。

今回の猫の手カップについては、2月26日に販売された個数は1,000個であり、1/10秒で完売したということです。

3月1日の販売は、3,000個にしたものの、たった1秒で完売です。

中国人の購買意欲は本当にすごいですね。

今後、中国全土に拠点を広げていく、スタバの戦略に注目が集まっています。

では、ちょっと可愛い「猫の手カップ」は日本での発売はあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

日本での販売日はいつ?販売は予定されているのか?

 

現在のところ、日本での発売に関する情報は一切ありません。

あくまで中国限定での発売ということになっているので、現在日本での購入は難しいかもしれません。

とはいえ、中国まで行っても、購入できる保証はないので、ネットオークションなどに出品されるのを待つしかないでしょう。

しかし、とんでもない価格になりそうなので、ちょっと足踏みしてしまいそうです。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事