日本中に紅葉を楽しめるスポットがありますが、見頃になる時期は毎年ある程度似通ってくるものです。
今年の紅葉はいつ見頃になるのでしょうか?
地域ごとに例年の紅葉の見頃についてご紹介します。

スポンサーリンク

日光の紅葉スポットと見頃時期

日光は数ある紅葉スポットの中で、美しい紅葉を見せてくれる最高の場所の1つです。
今回は8箇所ある日光の紅葉スポットと見頃時期を厳選してご紹介します。

霧降ノ滝

霧降川にある滝であり、流れ落ちる滝が岩に当たって雫になり、辺りを霧で包む事で有名な紅葉スポットです。日光3大名瀑の1つに含まれる滝であり、紅葉との共演も美しい場所です。
霧降ノ滝は、例年であれば10月下旬が紅葉の見頃です。

霧降ノ滝の場所はこちら
44322fdb2b3121330a605df04f60788c_s.jpg

日光山輪王寺

天台宗三本山の1つとして数えられている場所です。お寺には逍遥園という庭園があり、庭園に植えられている19種類の楓は美しく紅葉します。
実際の紅葉した楓の美しさと池に映り込む楓の姿は、見る者を魅了する美しさがあります。
例年の見頃は、10月下旬から11月上旬です。

華厳ノ滝

言わずとしれた日光3大名瀑の1つであり、97mから落下する滝の美しさは日本でも屈指の存在です。日光3大名瀑だけでなく、日本3大名瀑にも含まれている美しい滝です。
紅葉のスポットとしても有名だが、最もおすすめの場所は、華厳の滝を正面から見られる場所です。
例年の見頃は、10月下旬から11月上旬です。

日光いろは坂

日光市街と奥日光までをつないでいる約16kmの山岳道路になります。誰もが知っている日本の道100選にも選ばれている有名な場所です。
48箇所の急カーブがあり、運転に注意する必要はありますが、紅葉時期には周囲一帯が紅葉に包まれる最高の紅葉スポットになります。
例年の紅葉時期は、10月中旬から10月下旬です。

戦場ヶ原

日本有数の湿原に含まれる有名な場所です。最も有名な紅葉は、地面の草が色づく草紅葉です。湿原を歩く道が美しく紅葉する様は、一風違った景色を醸し出してくれます。
もちろん周囲にある木々も紅葉するため、地面も木々も紅葉する珍しい景色となるでしょう。

例年の紅葉時期は、9月下旬から10月上旬になります。日光で最も早く紅葉を楽しめるスポットと言えます。

日光竜頭ノ滝

戦場ヶ原から流れてきた川が流れ落ちるのが、日光竜頭ノ滝です。場所は中禅寺湖の近くであり、滝の水は中禅寺湖に流れ込んでいきます。
一気に水が落ちる華厳の滝とは異なり、何段階に分けて流れる竜頭ノ滝は、210mの長さとなります。

周囲には紅葉とシナノキが数多くあるため、滝と紅葉の共演をじっくり楽しめるおすすめポイントです。滝を眺められる観瀑台が、そのまま紅葉スポットになります。
例年の見頃は、9月下旬から10月の上旬なので、戦場ヶ原と同じく日光で最も早く紅葉を楽しめる場所に数えられます。

中禅寺湖

標高1,269mという高地にある湖としても有名な場所であり、湖と紅葉のコラボレーションをじっくり楽しめるスポットです。
中禅寺湖付近では、特に八丁出島と呼ばれる場所の紅葉が素晴らしいと評判になっています。例年の見頃は、10月中旬から10月下旬です。

日光湯ノ湖の紅葉

湯ノ湖は戦場ヶ原の奥に位置しており、近くには温泉街があります。標高1,478mにある湯ノ湖の周囲三方は山に囲まれており、一帯には楓やナナカマドがあります。
緑と紅葉のコントラストが美しく、さらに湖面に映る紅葉も幻想的な雰囲気を作り出しています。

湯ノ湖の周囲は3kmほどしかないため、散歩をしながら紅葉を楽しめる紅葉狩りスポットとして有名です。
例年の見頃は、10月上旬から10月中旬です。

日光で見られる紅葉スポットと見頃のまとめ

日光は紅葉スポットとしても有名な場所であり、場所によって少しずつ見頃が異なっています。10月の上旬から11月上旬であれば、日光のどこかで紅葉狩りを楽しむことができるでしょう。

個人的には、日光湯ノ湖の紅葉がおすすめです。一周3kmの湖を1時間かけてゆっくり散歩して、紅葉を楽しめる最高の場所です。
ぜひ、今年の紅葉を楽しんでください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事