女優の南野陽子さんの夫の名前は「金田充史」氏というようです。

そんな「金田充史」氏に対して経営に携わる銀座のクリニックで、横領や使い込みがあったため、刑事告発されるようです。

このクリニックは銀座にあるようですが、具体的な場所や名前はどこになるのでしょうか?

この件で、南野陽子さんは離婚となるのでしょうか? 

こうした内容について解説しています。 

スポンサーリンク

南野陽子さんの夫の名前はなに?

 

これはすでに明らかになっているようですが、南野陽子さんは2011年に年下である「金田充史」氏と結婚しているようです。

そんな年下の夫である「金田充史」が理事を務めるクリニックで、金銭トラブルが発生してしまいました。

金銭トラブルは、芸能人にとって、大きなイメージダウンになるため、今後の南野陽子さんの仕事に大きな影響を与えることになってしまうでしょう。

 

個人的には、とても好きな女優さんで、若い時にはなかった女優としての奥の深さを感じることもあり、とても期待していたので、夫に足を引っ張られないか、とても心配ですね。

 

では南野陽子さんの夫とされている「金田充史」氏が、経営を任されていた銀座のクリニックについて見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

「金田充史」氏が理事として会計を担当していたクリニックの名前や場所はどこ?

 

このクリニックが、銀座にあるクリニックであることはすでに判明しています。

しかし、現在具体的な名前や場所については、調査中です。

ただし、銀座にあるという点からも、かなりの年収となるクリニックと言えるでしょう。

そのため、今回の使い込みの金額は、非常に驚くような金額になっています。

 

なんと南野陽子さんの夫である「金田充史」氏が使いこんだ金額は、18,000万円にもなるということです。

びっくりの金額ですよね。

普通のサラリーマンであれば、数十年働いて、ようやく手にすることができるかどうかという金額なので、驚きの一言しか出てきません。

 

スポンサーリンク

クリニックのお金を横領(使い込んだ理由)はなに?

 

今回、使い込んでしまった金額が1.8億円という報道が出ていますので、かなりの額です。

これほどの額の使い込みがあったことを考えると、ただ単に遊ぶ金欲しさに横領をしたとは考えられません。

なにか借金のようなものがあり、その返済のために使い込んだという可能性があるでしょう。

報道でも使い込んだという表現が使われているので、お金はもしかしたら、全てなくなってしまっているのかもしれませんね。

今回の横領で、以前の知り合いのことを思いだしました。。

この人は、大きなリゾート施設を建てるために、友人からかなりの金額を融資してもらいました。

しかし建設は途中で頓挫してしまいます。

その理由は、思ったよりも建設費がかかってしまったということです。

結局、その建設は中断し、そのままの状態で終了したため、融資した金額が戻ってくることはありません。

融資した友人は、とても寛容だったので、全額の返済ではなくても良いので、毎月少しでも返済をしてくれるように話し合い、合意に至りました。

しかし結局、ほとんど毎月の返済は行われず、友人はほとんどの金額を失いました。

確かに融資した側にも大きな問題がありますが、やはり返済しない方が悪いでしょう。

やはりお金の問題を起こす人は、すぐに「返済するという約束」をしますが、返済することができない場合がほとんどです。

今回のケースももしかしたら、同じような感じになってしまうのかもしれませんね。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事