長い間アジア経済を牽引していたのは日本でしたが、現在アジア経済を牽引しているのは中華人民共和国、つまり中国です。

世界中の起業がこぞって中国に工場を作ることで「世界の工場」としての地位を確保し、アジア経済のトップに立っていた日本から「製造業」を奪っていきました。 

スポンサーリンク

中国の人口!世界の工場になった理由

 

 

世界の工場となった理由の一つは、日本の10倍以上にもなる13億の人口です。

人口を見るだけでも消費市場は日本の10倍以上であるため、中国経済が非常に強いことが分かります。

13億人以上の人口を抱える中国がGDPにおいて日本を抜いて世界第二位になったのは、2011年のことです。ですから中国が今後も経済成長を続けるはずであると予想する学者が多いのも頷けます。

しかし投資について考える場合は、現在の中国経済だけではなく、中国経済がどこまで伸びる可能性があるのか?

つまり経済成長がいつ止まる可能性があるのか予想しなければなりません。

 

中国経済は、今後どれくらい成長を続けていくのでしょうか?

 

中国経済を支えているは「人口」であるという観点から、経済成長がいつまで続くのか分析してみましょう。

 

投資に絶好の時期とは40代後半が多くなる時期

 

年齢層に分けて消費について分析してみると、一般的に40代後半の世代が最も消費が多いと言われています。

その理由は、20代前半から後半にかけて結婚をして、さらに子供ができると40代後半に子供が高校や大学に進学するようになります。

つまりその時期は最も養育費がかかるようになるということです。

さらに30代に入ってからローンで家を購入すると、30代から50代にかけてローンの返済を行うことになります。

 

 

そのため、どの国であっても40代後半の時期がもっとも消費が増えると言われており、この40代後半の世代が多い時期が、国の経済成長のピークと考えられています。

一つの国の中ですべての世代が同一の人口であることはないため、経済成長が進んだり鈍化したりすることもあるわけです。

この観点で中国経済を見てみると、興味深いことが分かってきます。

 

スポンサーリンク

2025年までは中国の経済成長は続く

 

2020年の中国の人口が世代別にどのようになるのか、予想が出ているので参考にできます。

2020年の段階で人口が多い世代は次のようになっています。

1 50歳から54歳が約12千万人

2 30歳から34歳才が約11,800万人

3 45歳から49歳が約11,800万人

この3つの世代以外は、人口が一億人を下回るデータが出ています。

もちろん5才単位の世代で一億万人という人口は他の国と比較するなら非常に多い数字ですが、それでもピークの人口と比較するなら大きな減少となります。

 

このデータよると、2020年の時点で45歳から49歳の人口が11,800万人とピークになっていることから、

 

中国経済の成長は2025年まで続くことが予想できます。

 

35歳から39歳」と「40歳から44歳」までの世代が、9,000万人以下である事を考えると、2025年から10年は経済が鈍化することも予想できます。

 

そして2020年時点で「30歳から34歳」の世代が「45歳から49歳」になる15年後、つまり2035年に5年間中国経済はもう一度成長を見込めるようになります。

しかしその後は、一人っ子政策によって子供の数が減少している影響で消費が冷え込むことが予想されるため、経済が上向きになる可能性はかなり低いと言えるでしょう。

ちょうど現在の日本が高齢化社会に入り、経済成長が大きく衰退しているのと同じ状況が中国でも2035年から始まることになります。

 

中国経済が失速した理由は、欧米で2008年に生じた金融危機と中国政府が実施した不動産バブルへの規制と言われています。

しかし中国政府が沿岸部の発展という政策から、重慶や西安、武漢、成都など内陸部の都市を重点政策の拠点に変更しているところから見ても、2025年までは経済成長を続けられる見込みはあるでしょう。

 

中国経済の低迷は2025年に始まる

 

中国経済への投資を考えておられるのであれば、2025年までは経済成長を続けられる可能性があること、さらに2025年から2035年までは経済が鈍化すること、そして2035年から2040年まではもう一度経済が活性化する可能性があることを覚えておきましょう。

 

その後の中国の経済成長は、低迷の時期が続くことになるでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事