勇静華さんが、TBS爆報!THEフライデーに出演し、現在の状況を語っていた。

子供時代に「キレイ過ぎる子役」として有名になった彼女だが、現在は子役時代とは異なる生活を送っているようです。

子役時代の画像や収入、相手の男性は誰だったのか解説しています。

 

スポンサーリンク

勇静華の経歴とは?出演ドラマはなに?

 

勇静華さんの経歴についてご紹介します。

 

名前:勇静華

生年月日:1979年3月12日

出身地:東京都久留米市

血液型:B型

学歴:堀越学園

 

 

勇静華さんは子役としてかなり活躍した女優と言っても良いでしょう。

しかし活動自体は、2009年を最後に休止しており、家庭に入って妻と母の役割りを担っています。

最後に出演した作品は「弁護士高見沢響子」第10作というドラマです。

 

弁護士高見沢響子というドラマがその後、11作目もありましたが、勇静華は出演することはありませんでした。

 

実は、勇静華が堀越学園に通っていた時に、同級生が浜崎あゆみだったようです。

当時の浜崎あゆみは決して売れていたわけではなかったものの、とても仲が良い関係だっったようです。

実際、「渚のシンドバット」という映画では、勇静華さんは浜崎あゆみと共演を果たしており、公私にわたり良い関係だったとされています。

 

その後メガヒットを生んだわけではないものの、「pino」というアイドルグループで活動したこともありました。

 

勇静華がこれまでに出演した作品や番組とは?

 

勇静華さんは、子役時代からかなり評判になっており、1988TBSで放送された「パパは年中苦労する」という作品で芸能界デビューとなります。

その後も数多くの作品に出演しており、なかでも「金田一少年の事件簿」では太田千明役を好演をしていました。

 

CMにもかなり出演しており、「花王ビオレ」「カシオ」「森永乳業」「大塚化学」などのCMに出演もしています。

上記の会社のCMは現在でも、かなり有名な芸能人が出演しているため、当時の人気の高さがよく分かります。

 

 

スポンサーリンク

勇静華の現在は主婦兼ヤクルトレディー、子役時代の年収

 

 

現在の勇静華さんは、ヤクルトレディーとして月収8万円で生活しているようです。

一般人の男性と結婚したものの、2012年頃に離婚されています。

お子さんは、男の子が2人いらっしゃるようで、子供を守るシングルマザーというところでしょう。

子役時代の年収よりもかなり下がっている可能性が高いですが、芸能人に戻るつもりがあるのではないかと感じました。

 

あの人は今どこで?という番組を見るたびに、芸能界で行きていた時代を忘れることができないのかなという気持ちになります。

確かに収入だけを見てみても、雲泥の差があるため、そのように感じるのかもしれません。

非常に売れている子役のドラマ出演は、1本数十万になったこともあるようです。

出演料が下がっている今でも、1本数万円は確実でしょう。

その数字とヤクルトレディーの月収を比較すると、ガッカリするかもしれませんね。

 

勇静華さんは特に子供を守っていかなければならない方なので、芸能界に復帰できるならその方が良いのかもしれません。

昔のことを忘れるということは、時に非常に難しいものです。

私も以前に行っていた仕事を忘れることができないと感じることがあります。

 

あの時に、こうしておけば良かった、なんであの時に仕事を辞めてしまったかと感じてしまうものです。

ヘッドハンティングされた時に、オファーを断っていなかったなら、どうなっていたのか考えることもあります。

しかし実は、途中で歩む道を変えた時、過去を美化してしまう傾向があります。

そのまま仕事をしていたら、きっと今の生活はもっと良くなっていたに違いないと現実から目を背けてしまうわけですね。

 

そのような考え方の先には成功はありませんので、今の人生の中で最善を尽くすことの方が重要だと感じました。

 

勇静華さんについては、子役時代に成功した過去もあるので、芸能界への復帰によってもう一度成功できる可能性もあるかもしれません。

しかし每日の日々を着実に歩む、今の現実も素晴らしいものだと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事