非常に残念なニュースが入ってきました。

愛知県豊田市の養豚場が、豚コレラの可能性を知っていながら、豚を出荷してしまったようです。

では、この豚コレラに感染した可能性があることを知っていながら出荷してしまった養豚場はどこになるのでしょうか?

 

結果として「豚コレラ」が広まってしまうことになりました。

 

スポンサーリンク

豊田市の養豚場の名前やどこにあるのか?

 

養豚場では、出荷する予定の豚に異常や病気の可能性を確認した場合、然るべき処置をすることが規定されています。

動物の病気は、特に伝染病に関しては、できるだけ範囲を狭くするために、対策をすばやくとらなければなりません。 

一旦、伝染が始まってしまうと、拡大を止めるのは難しくなってしまい、結果として日本全国に広がる可能性も否定できません。

例えば、豚に接触した「野生のイノシシ」などに感染してしまえば、今度はそのルートを止めなければいけません。

 

野生の動物の行動に関しては、人間が制御できる範囲を超えているため、周辺への豚コレラ感染は止められなくなります。

ですから養豚場で、豚コレラの感染を食い止めることが重要になるわけです。

では今回、豚コレラの感染の疑いを持っていながら、そのまま出荷してしまった養豚場はどこにあるのでしょうか?

 

豚コレラの豚を出荷してしまった養豚場はどこにある?

 愛知県豊田市は、以下の場所にあります。

現在、具体的な養豚場の名前は分かっていませんが、以下の場所の中にあるはずでしょう。

映像は、こちらから確認できます!

豊田市には、いくつか養豚場がありましたが、現時点で場所を特定できるほどの、証拠となる資料がありません。

はっきりとした情報を入手してから、追記させていただこうと思います。

 

豚コレラについて、気になることがもう1つありますね。

それは人間に伝染する可能性があるのかという事です。

スポンサーリンク

豚コレラは人間に感染するのか?

豚コレラに人間が感染するのか気になるでしょう。

人間への感染の可能性については、こちらで確認できます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事