今年の冬は寒いのか、気になりますが、気象庁から12月から2月までの長期予想が出されました。

スキーやスノボに出かける方も多いと思いますが、気温に加えて積雪量が気になるかもしれませんね。

2018-2019年の冬の気温や積雪量について解説しています。 

スポンサーリンク

今年の冬は寒いのか?それとも暖冬か?気象庁発表の長期予報の解説

 

 

夏が猛暑になった時は、一般的には冬は暖冬になるという話もあります。

そのとおりになった年も確かにありますが、残念ながら毎年ジンクスが当たるわけではありません。

一番望ましいのは、冬はあまり寒くなく、かつスキー場周辺には雪が降るというものかもしれませんね。

しかし希望どおりにはいかないのが、気候ですね。

 

気象庁が発表した3ヶ月予想を解説します。

  

北日本の3ヶ月予想

 

12月:平年よりも高い予想

1月:平年よりも高い予想

2月:平年並みである予想

 

東日本の3ヶ月予想

 

12月:平年よりも高い予想

1月:平年よりも高い予想

2月:平年よりも高い予想

 西日本の3ヶ月予想

 

12月:平年よりも高い予想

1月:平年よりも高くなる可能性大

2月:平年よりも高くなる可能性大

 

沖縄・奄美地方の3ヶ月予想

12月:平年よりも高い予想

1月:平年よりも高くなる可能性大

2月:平年よりも高くなる可能性大

 

上記のように各地方の3ヶ月予想を見てみると、向こう三ヶ月は全国的に気温が平年よりも高くなると予想されていることが分かります。

特に、西日本と沖縄の気温は、かなりの確率で平年よりも高くなると想定されています。

ただし、この確率は気温が平年よりもかなり高いという事ではなく、平年よりも気温が高くなる確率が大きいという意味です。

 

 

今年の冬は、比較的過ごしやすい気候になることが予想されます。つまり暖冬という事ですね。

 

では積雪量もチェックしておきましょう。

 

今年の冬の日本全国積雪量の予想とは?

 今年の全国の積雪予想は、以下のようになっています。

北日本の3ヶ月の積雪量

 

12月の予想:【平年並み】か【やや多い】

3ヶ月予想:平年並みである可能性が高い

 

東日本の3ヶ月予想

 

12月の予想:【平年並み】

3ヶ月予想:【平年並み】か【少ない】可能性が高い

 

西日本の3ヶ月予想

 

12月の予想:【平年並み】か【やや多い】可能性が高い

3ヶ月予想:【やや少ない】か【平年並み】である可能性が高い

 

積雪量については上記のように予想されています。

基本的には、全国的に【平年並み】の積雪量である可能性が高いという事になるでしょう。

 

日本全国の1210日現在の各地の積雪量(防災科学技術研究所)

 

参照:防災科学技術研究所

 

現時点では、全国の積雪量は、まだそれほど多くなってはいません。

全国的に暖冬が予想され、降水量も平年並みとなっているので、豪雪などの心配はそれほど必要ないかもしれません。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事