非常に心配なニュースが入ってきました。大坂なおみ選手が、コーチである「サーシャバイン」氏とのコーチ関係を解消しました。

大坂なおみ選手の大躍進の影には、サーシャバインコーチの存在があっただけでに、なぜ関係が解消されたのか疑問です。

この記事では、大坂なおみ選手がコーチ関係を解消した理由について解説しています。

スポンサーリンク

大坂なおみ選手が「サーシャバイン」とコーチ関係を解消した理由

テニス選手が、コーチを変えるということは、決して珍しいことではありません。

「選手がコーチを選ぶ」これが世界のスタンダードです。

もちろん毎回、ケンカをしてコーチ関係を解消しているわけではありません。

あくまで、選手がより成長するために、他のコーチから教えてもらうことが必要なだけです。

これは、他のスポーツでも見られることです。

スケート選手が、長く師事していたコーチから、新しいコーチへと変更するということも珍しいことではありません。

 

その理由も、やはり選手の成長のためです。ずっと同じコーチに師事することは、メリットもある一方でデメリットもあります。

まずメリットは、選手とコーチの信頼関係が強くなるということです。

ほかには、コーチの選手への理解度が高くなるため、コーチの伝えたいことがストレートに伝わるということです。

これは確かに大きなメリットになるでしょう。

 

しかしその一方で、関係が長くなると、なあなあの関係になり、緊張感が欠如してしまうということもあります。

さらにコーチにも特徴があり、良い特徴を学べますが、反面短所もあります。

長く一緒にいると、そうした短所も選手に影響してしまうこともあるものです。

ですから、コーチ関係を解消するといっても、不仲が原因とは限らないわけです。

 

もちろん、意見の衝突くらいスポーツ選手なのであるはずなので、関係が破綻していたということはないと思っています。

特に大坂なおみ選手とサーシャバインコーチとの関係は、とても良いものでした。

ですから、やはり今回のコーチ関係の解消は、別の理由ということになるでしょう。

 

スポンサーリンク

コーチを解任した本当の理由とは?真相と探る!

 

2018年から2019年の年始まで、大坂なおみ選手は、本当に大躍進しました。

なんと「全米オープン」を制覇し、その後「全豪オープン」まで制覇してしまい、日本人が到達できなかった、ランキング1位にもなる予定です。

この大躍進は、大坂なおみ選手の努力も関係していますが、やはりコーチの力も大きいと言えます。

それくらい大坂なおみ選手と、サーシャバインコーチとの関係は良いものです。

 

大阪選手の家族も、以前テレビ番組で言っていましたが、大坂なおみ選手は天の邪鬼のようなところがあって、

命令されると反発し、無理やり練習させようとすると逆効果になるようです。

やる気を出させ、練習させなければならないものの、それが1番難しいのが、「大坂なおみ」選手です。

ですから、なんとサーシャバインコーチは、大坂なおみ選手が練習したくない時は、練習をさせなかったようです。

 

なかなか、こうした決断をコーチが下すのは、難しいものですが、コーチはそれが出来ていました。

ですから大阪選手の潜在能力を引き出し、グランドスラム優勝まで導くことができたのでしょう。

特に精神面での成長という部分が、2018年の躍進の理由と言え、この面でのサーシャバインコーチの貢献は測りし得ないものがあります。

しかし、今度は、すべての選手が挑戦者となり、立場が大きく変わりました。

大坂のマネジメント会社IMGの担当者によると、大坂本人の意思だという。世界1位になり、課題だったメンタルの部分では大きく成長できた。今後、将来を見据えたときに、技術的な課題であるネットプレー、第2サーブの改良など、ステップアップをしたいということらしい。

 

これからは王者としてのメンタルと技術が必要になってきます。

楽しくテニスをするだけでは、世界の強豪と戦っていくことはできないでしょう。

「第二サーブ」「ショット」「ネットプレー」など、あらゆる面でさらに上の領域にいくためには、サーシャバインコーチでは難しいと判断したのでしょう。

そのため、今回コーチを変更することにした可能性が1番高いのではないかと思います。

すべては、大坂なおみ選手がより成長するための、苦肉の策ということになるでしょう。

できれば、この決定が、大坂なおみ選手をさらに成長させるものとなるよう願っています!

では今後、大坂なおみ選手のコーチは誰になるのでしょうか?

スポンサーリンク

大坂なおみ選手の次のコーチに就任するのはだれ?

現在、新しい大坂なおみ選手のコーチは、発表されていません。

これは個人的な予想になりますが、できれば「ハレプ」選手のコーチをしていた、D・ケーヒル(オーストラリア)に、コーチをして欲しいと思います。

長い間、ランキング1位にいたハレプを支えていた、勝者のメンタルを教えられる、素晴らしいコーチです。

こちらが、D・ケーヒルコーチです。

しかし、可能性はとても低いかもしれません。

最近の発表によると、2019年からは、家族と一緒に過ごすために、S・ハレプとのコーチ関係を解消したばかりです。

大坂なおみ選手の魅力を見て、もう一度コーチをしてみたいと思って貰えれば、可能性はあるかもしれません。

王者の資質を身に着けた「大坂なおみ」選手を見るためには、このコーチが必要な気がしますね。

出典:テニス365

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事