台風20号が猛威を奮っており、各地で局地的な大雨が観測されている。
和歌山県東牟婁振興局新宮建設部・和歌山地方気象台が、避難指示を出したので、その内容をお伝えします。
また熊野川の現在の状態がどうなっているのか映像もご紹介します。

スポンサーリンク

熊野川が氾濫!浸水予想地域

8月24日に熊野川が氾濫したことが確認され、自治体から避難指示が出ています。
今回の台風20号は、各地に大きな被害をもたらしていますが、各自治体の指示にしたがって非難を優先する必要があります。
熊野川が氾濫したことが確認されたため、次の地域では浸水が予想されると報告されています。

新宮市熊野川町日足

こちらの地域は、熊野川の氾濫によって浸水する危険性があるとして注意喚起がされています。
もちろんすぐに浸水が起きるということではなく、一定の条件のもとで計算した時に、上記の地域では浸水が起きる可能性があるという意味になります。
いずれにしても大雨による被害が予想されるため、新宮市熊野川町日足の人はご注意ください。

実際に、新宮市は、464地区に対して避難指示を発令していますが、この地域には日足地区が含まれています。
必ず自治体の指示にすぐに従ってください。

熊野川の現在の映像(ちょっと見にくい映像です)

最初に注意点ですが、大雨の際に川の氾濫を撮影しようとされる方がいますが、非常に危険なので、氾濫している川に行くのはやめてください。
ちょっとした気のゆるみが命を落とす原因になります。

スポンサーリンク

熊野川の現在の水位が非常に危険(4時20分

 

国土交通省が発表している川の防災情報によると、日足地区の熊野川の状況は非常に危険な状態にあると言えます。

午前420分の段階で、水位は12.5mにもなっており、以下の数字を大きく超えています。

 

水防団待機水位:4.5m

氾濫注意水位:5.5m

非難判断水位:6.1m

氾濫危険水位:7.1m

 

2018年8月24日午前4時20分の段階:12.5m

参照:国土交通省川の防災情報

 

この写真を見ていただくだけで、熊野川の現状が非常に危険であることが分かります。

随時、熊野川の現状を確認していただき、適切な非難を開始するようにしてください。

必ず自治体の注意換気や非難指示に従うことを忘れないでください。

 

氾濫危険水位をはるかに超える12.5mまで水位が上昇しているため、すでに限界を超えてきていることがよく分かります。

非常に危険な状態になっているようなので、日足地区周辺の方は十分注意してください。

こちらが熊野川のライブカメラ情報なので、現状を確認できます。

ライブカメラ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事