「欅坂46」に所属していた今泉佑唯が、過去メンバーの中で「いじめ」にあっていたと告白しました。

特に、今泉佑唯をいじめていたのは、メンバーの中で5人(A子からE子)までと言われています。

欅坂46は、以前からいじめやメンバー間の不仲があるのではと噂されていたため、今回の信憑性が高いと考えられます。

では、今泉佑唯をいじめていた5人のメンバーとは誰なのか?名前などについて調査してみましょう。

 

スポンサーリンク

元欅坂46の今泉佑唯をいじめた5人のメンバーはだれ?

 

出典:週間文春

 

今回、「欅坂46」の中でいじめの問題があったと報じたのは、「文春」です。

報道によれば、今泉佑唯のいじめに関与していたのは、主要な5人のメンバーだったということです。

もしかしたら5人以上のメンバ-だったのではないかと言われてもいます。

 

実は、今泉佑唯について、ファンの間で特定のメンバーとの不仲が噂されることがありました。

特に名前があがっていたのは、メンバーの中心である「平手友梨奈」と「志田愛」の2人です。

ファンの間では、この2人と今泉佑唯が上手くいっていないのではないかという話がよく出ていたようです。

 

では、本当に平手友梨奈や志田愛といった主要なメンバーが、今泉佑唯をいじめていた犯人だったのでしょうか?

今回の、今泉佑唯いじめ暴露に関して、今泉佑唯の兄と呼ばれる人物は、「平手友梨奈」と「志田愛」は、今泉佑唯の良い相談相手だったと伝えています。

つまり、今泉佑唯をいじめていたのはファンの間で噂された人物ではなかったということになるでしょう。

 

そうなるとファンでも思いもしないところから、今泉佑唯へのいじめが行われていたということになるでしょう。

アイドルは競争が激しいので、不仲や衝突はよくあることですが、「陰湿ないじめ」は良くありません。

現在のところ、どのメンバーがいじめを行っていたのかという点は、はっきりしていませんが、手がかりとなるのは、「平手友梨奈」を中心にしておきたいという5人の取り巻きメンバーだったという点です。

 

では、いじめの内容についてみていきましょう。

このいじめによって、今泉佑唯は2017年に「欅坂46」としての活動に参加できなくなり、一時活動を休止しました。

その後20188月にグループに復帰しましたが、同年に卒業をしています。

つまり実質、復帰はしていないということなので、いじめがどれほど陰湿だったのかという証拠になるでしょう。 

 

いじめの内容とは?

非常に残念なことですが、上記のような情報を見ていると、「欅坂46」の中で、いじめがあったように感じてしまいます。

では具体的な「いじめ」の内容はどのようなものだったのでしょうか?

 

いじめは早い段階で発生していたようですが、より顕著になってきたのは、「今泉佑唯」が20177月発売のアルバムで「真っ白なものは汚したくなる」というソロ曲を歌った頃からのようです。

それまでは、欅坂46のセンターは平手友梨奈というものだったので、メンバーの間では、この形が若干崩れたと感じたメンバーもいたのでしょう。

そのため、今泉佑唯が体調不良でメンバーを離れている時、いじめを行ったと言われるメンバーから辛辣なコメントが届いたようです。

 

B子からは、

「平子が築き上げた欅を今泉佑唯が壊している」と非難されたようです。

 

A子からは、

戻ってこなくて良い

 

その他にも、「化粧品が隠された」「靴下が片方なくなる」「楽屋に入れない」「1人だけエレベーターに乗れない」

こうしたいじめが執拗に続いていたようです。

これを聞くかぎり、本当に小学生のいじめのレベルです。

スポンサーリンク

 秋元康氏の見解はどうなのか?いじめはあったのか?

今泉佑唯のいじめに関して、運営側の幹部は欅坂46のすべてのメンバーから聞き取りをしていたようです。

結果、欅坂46のグループ内で「いじめがあった」という事を認めていると、文春では報道しています。

運営幹部が伝えた内容は、「いじめを行った5人を辞めさせる」という返答だったようです。

しかし、ご存知のように5人が脱退したというような報道は一切ありませんので、結果として運営幹部は一切の対応をしなかった、約束を守らなかったということです。

NGTで起きた事件と本当に良く似ている状況です。

 

では、この件に関する「秋元康」氏の返答はどうなのでしょうか?

 

週刊文春によると、秋元康氏の返答は以下のとおりです。

欅坂46グループ内でのいじめについては聞いていない!

 

つまり、いじめはなかったとは言っていないものの、聞いていないという上手い返答をしています。

いじめたメンバーはどうなる?引退や脱退もある?

 

すでに運営側は、いじめを行った5人を辞めさせるという約束を反故にしています。

このことから見ても、運営側は「5人を脱退させる」ことはしないのではないかと思われます。

もちろん、この問題がさらに大きく取り上げられるなら、話は変わってくるかもしれません。

実際、NGTの時も最初は一切対応してこなかったにもかかわらず、最終的には劇場支配人を更迭するなどの対応を取りました。

ですから、この「今泉佑唯」の問題に関しても、引き続き大きく取り上げられることが重要になるかもしれません。

今泉佑唯は、現在「女優」として活動しているので、この道で頑張って欲しいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事