スポンサーリンク

転職面接の自己紹介

転職面接の自己紹介の段階で伝えられることは限られているため、5つの点だけ意識すると緊張をほぐしながら最低限の事を面接官に伝えることができます。
面接の自己紹介で伝えるべきことは以下の5点です。

自己紹介の5つのポイント

自分の名前

実例「私は~~と申します」このように簡単に述べるだけで十分です。

これまでの職務経歴を伝える

実例「これまで~年間にわたって、~~株式会社で勤務してまいりました。主に従事していた業務は~~です。

以前の業務の中で、個人的に努力をした点と成し遂げた成果

実例「業務を行う上で、特に~~について注力し、~~に対する取り組みを行った結果、~~ほどの成果を得ることができました。」
このように伝えることはできますが、決して誇張するのではなく、事実を伝えるようにしましょう。

業務から学んだスキルや経験

実例「これまでの業務経験から~~について学ぶことができました。」

これまでに身に着けたスキルや経験を活かして、新しい環境でトライしたい事

実例「これまでに身に着けた~~を活用し、今後は御社で~~に取り組み、~~という分野で貢献させていただければと思っております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ここまでで5つのポイントは終了します。
事前によく話しをする内容を考えておかないと本番の緊張に負けてしまい、しっかりと返答できなくなってしまいます。
ですから事前に内容を決めておくようにしてください。

準備するポイントは、一字一句全てを丸暗記するのではなく、5つのポイントを伝えられるようにする事です。

■タイトル■
1.自分の名前
2.これまでの職務経歴
3.以前の業務の中で、個人的に努力をした点と成し遂げた成果
4.業務から学んだスキルや経験
5.新しい環境でトライしたい事

 

この5点をよく覚えておき、それぞれの返答の中の~~に入るキーワードを覚えておきましょう。
そうすると全文を覚えるよりも、自然で面接官に訴えるような自己紹介が面接でできるようになります。
但し、心に訴えるような返答にするためには、練習が必要です。

全文原稿ではない分、主要な考えの部分を確実に自己紹介に含められるように、繰り返し練習してください。
100回は練習が必要になるでしょう。
自己紹介の時間は通常3分程度になります。

ですから100回の練習をすると300分、つまり5時間ほどは必要になるわけです。
ここまで練習をすると、ほとんど主要な考えが頭に入るようになり、どこがが抜けると自分ですぐに気付けるようなレベルとなります。
面接の自己紹介を成功させるためには、ここまでの準備が必要です。

たった3分間のために、そこまでやらなければならないのかと感じるかもしれません。
しかし第一印象は、その人の印象の数十%を決定してしまいますので、自己紹介を失敗してしまうと、面接時に挽回するのは難しくなってしまいます。

自己紹介は、面接において非常に重要なポイントになりますので、今回ご紹介した5つのポイントをしっかりとおさえて自己紹介を準備してみてください。
練習の度に、3分間を超えていないかチェックするのも忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事