歌舞伎の世界はどこに向かっているのか、今後が気になるニュースが入ってきました。

なんとジブリの代表作【風の谷のナウシカ】が新作歌舞伎にて舞台化されることが決まりました。

一体どのような内容になるのか、いつからどこで開演されるのか、役者はだれが出演するのか、本当に気になります。

こうした情報について解説しますね。 

ナウシカが歌舞伎として舞台化されるのはいつ?どこの場所(演舞場)?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジブリの代表作である【風の谷のナウシカ】が、歌舞伎で上演されるというニュースを見た時、「はぁ~~↰」と感じてしまいました。

個人的に【風の谷のナウシカ】には強い思い入れがあるので、正直言うと歌舞伎で舞台化なんてしてほしくないという気持ちです。

とはいえ、伝統芸能に現代の文化を取り入れようとする、歌舞伎界の新鋭たちの気持ちもよく理解できるので、とても複雑な気持ちです

 

きっとジブリファンの方であれば、同じような気持ちになっているのではないでしょうか?

とにかく「風の谷のナウシカ」が歌舞伎舞台化されることが正式に決定したため、上演が行われるのは確実なことです。

風の谷のナウシカ歌舞伎上演の日程は以下のようになっています。

 

  • 上演日時:2019年12月
  • 上演場所:新橋演舞場
  • 上映時間:昼と夜に上演予定
  • 歌舞伎:古典歌舞伎
  • 脚本:丹羽圭子氏

 

上記の情報を見るかぎり、かなり本気で古典歌舞伎によって「風の谷のナウシカ」を上演する予定であることが分かります。

ジブリ作品を歌舞伎にするという事は、それ相応の勇気と決意がないとできないでしょう。

それは歌舞伎役者の配役にもよく表れています。

 

歌舞伎「風の谷のナウシカ」に出演するのは誰(役者)?

 

出演する歌舞伎役者を見てみると、ちょっとビックリで、少し不安になってきてしまいました。

配役を紹介します。

 

主人公ナウシカ:尾上菊之助

皇女クシャナ:中村七之助

そのほか:尾上松也、坂東巳之助、尾上右近

 

今の歌舞伎界を牽引している、若手歌舞伎役者も勢揃いして上演される予定であり、歌舞伎界がかなり力を入れていることが分かります。

しかし、なぜ「風の谷のナウシカ」なのでしょうか?

 

歌舞伎界が「風の谷のナウシカ」を選んだ理由

 

日本の歌舞伎は、現在世界に向けて日本の伝統芸能を大きくアピールをしています。

つまり海外上演の機会が増えてきており、海外の方でも理解できるような題材で歌舞伎を上演する必要があります。

そのため、世界中で人気のある【風の谷のナウシカ】を古典歌舞伎で完全再現することになったようです。

 

実は、これまでに現代の作品を古典歌舞伎で上演したことがあります。

こんな作品がこれまでに新作歌舞伎で上演されています!
  • ワンピース
  • NARUTO(ナルト)
  • あらしのよるに

 

この中で、「あらしのよるに」という絵本を題材にした、新作歌舞伎の評価は非常に高く、何度も再演が行われています。

 

それを考えると、時代が新作歌舞伎に徐々についてきているということなのでしょうか??

 

 

しかし主人公ナウシカを「尾上菊之助」、皇女クシャナを「中村七之助」が演じるのを、現時点の自分には想像することはできません。

でも、これが新作歌舞伎ということなんでしょうね。

もし、もし評判が良かったら、一度見に行ってみたいような、見たくないような、本当に複雑な気持ちになってしまいました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事