少年ジャンプの中でも、銀魂は人気の高い作品であり、多くの人気作品が終了するジャンプの中で、貴重な存在でした。

その銀魂が本当に終了することが発表されました。

少年ジャンプはなぜ銀魂を終わらせることにしたのか?その裏にはどんな理由や原因があるのか説明します。

 

スポンサーリンク

長期連載をしていたジャンプの屋台骨の作品

 

銀魂が少年ジャンプで連載を始めたのは、2003年のことです。

すでに15年間にわたって少年ジャンプで連載を行なってきたため、銀魂と一緒に育ってきたという男性も多いでしょう。

少年ジャンプは、ここ最近人気のあった作品がどんどん終了してきており、販売数の減少が心配されています。

そんな中で、銀魂が少年ジャンプを支えてきたと言っても過言ではないでしょう。

これまでに終了した人気マンガは、以下のとおりです。

 

  • ナルト
  • BLEACE
  • トリコ

 

銀魂は、これまでも何度も連載が終了すると言われてきましたが、いずれも「終了するかも詐欺」のように、引き続き連載を続けてきました。

しかし今回本当に銀魂の連載が終了することが発表されました。

今回は単なる噂ではありませんので、本当に終了です。

まさに1つのアニメの時代が終ったという状態ですね。

 

820日に販売されたジャンプ38号の中で、最終話までの残りが5話になったとはっきりと書かれています。

つまり少年ジャンプ42号で銀魂は連載を終了することになったということですね。

ここまで長く連載してきた漫画が終了するときには、いろいろと裏側でトラブルが起きていることもあります。

銀魂はどうでしょうか?

なぜ連載が終了するのでしょうか?

 

連載の場所が後ろに来ていることから分かる理由

 

銀魂の連載が続いていたものの、最近では銀魂が載っている場所は、ジャンプの後方にきていました。

これはジャンプの中で人気が落ちてきている一種の証拠として考えられてきました。

人気のある作品は、ページの前の方にきていることが多いためです。

銀魂の最初のうちは、ジャンプの最初のページや巻頭カラーなどで連載されていましたが、徐々に後ろに移ってきています。

 

つまり以前ほどの読者アンケートによる人気を確保できていなかったということが考えられます。

やはり人気に陰りが見えた作品は、このような結末になることが多くありますね。

好きな作品だったので、非常に残念ですが、これも時代なので仕方のないことです。

残り5話を心から楽しみたいものです。

 

連載終了に関しては都市伝説的なものも多いですが、どれも信憑性に欠けるため、ここでは紹介していません。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事