芸人みやぞんの言葉にグッとくる、そんな人が増えています。みやぞんは天然キャラや抜群の運動神経でも知られていますが、中でも一番素晴らしいのは、純粋さとポジティブな思考です。

そんな「みやぞん」だからこそ、何の意図もなく素晴らしい言葉を語ることができるのでしょう。2018年4月23日に放送されたイッテQでの一言が心に響くと話題になっています。

イッテQでの一言に加えて、みやぞんの心に響く一言をご紹介します。

スポンサーリンク

2018年4月24日23日イッテQにて

この日「みやぞん」は、インドの奥地にある必ず虹が見えるという滝つぼに向かいます。
与えられたミッションは、滝つぼで虹をバックに1曲歌うというものです。
まず滝つぼまでの行程が非常に厳しく、電車やバスを乗り継いで、最終的には徒歩で11日もかけて虹の滝まで到着します。
最後の難関として6,000段の階段を登ると、ようやく目的地である虹の滝つぼに付きます。

「みやぞん」の一言は、6,000段の階段を登る時に発せられます。スタッフは「みやぞん」に付いていけず疲労困憊になっています。

 

自分の機嫌は自分で取って!人に取ってもらおうとしない!

幸せだな~もっと登れる!まだまだ登れる!幸せ!ツイてるぞ!幸せだな~~

 

何気なく述べた言葉ですが、ネット上では心に響いたと話題になっています。
確かに誰かに褒められたり、優しくされると気持ちが良いものです。
しかし、いつしか自分で自分を励ましたり、強めることができなくなっていることもあります。

まさに人に機嫌を取ってもらおうとする自分がいることに気が付かされる一言です

ファンとのやり取りの中の一言

ある時Twitterで、ファンとのやり取りがありました。
「みやぞん」は常日頃から、「どのような事にも感謝の気持ちを忘れず、どんな時にも楽しむ」と述べています。

そんな「みやぞん」に対してファンの方は

相手から責められていることが辛い

と返答してきました。
確かに、誰でもこのような気持ちになることはあります。
そんな時の「みやぞん」の返答は非常に簡単ですが、心に響く言葉です。

 

相手は変わんないよ

幸せな人間は相手を傷つけたいと思わないから、その人に幸せになってほしいと願うことで上に立つ

 

確かに、無理やり相手を変えさせることは不可能です。無理やり変えたとしても、その人との関係がこじれる事になるでしょう。
相手が変わることを期待ばかりしていると、叶わない期待や希望は心を圧迫するようになり、一日中気持ちが晴れません

相手が変わらないなら、自分が変わるしかない、これもボジティブな思考回路から出てくる一言でしょう。

自分が変われば、見えてくる景色も変わってきます

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事