最近、航空機に乗車する客のモラルが低下しているような事件が多くなっています。

今度は、ソラシドエアの機内でCAを叩いたとして、男性が飛行機から降ろされました。

この男性とは、一体だれなのでしょうか?名前については報道されているのか?

 こうした疑問にお答えしています。 

スポンサーリンク

ソラシドエアで起きたトラブル(CAを叩く)とは?

 

まずは、ソラシドエアで起きたトラブルの詳細を見てみましょう。

トラブルが起きたのは、2月11日PM5時に、大分空港を出発して、羽田空港に向かう予定だった「ソラシドエア」の機内です。

もうすぐ出発という段階で、男性が客室乗務員の背中を叩くということが起きました。

 

出典:FNN

 

航空機というのは、少しのトラブルでも離陸に大きな影響を与えることになるため、今回の男性の行為によって、飛行機は離陸が40分も送れることになりました。

 

「叩いただけ」で、大げさではないのか??

 

このように感じる方もいるかもしれませんが、飛行機ではちょっとした事が大きな問題になるため、きちんと対応しなければなりません。

仮に、この男性乗客が離陸後に暴れるようなことがあれば、乗客全員の安全を危険にさらすことになってしまいます。

結果、このCAを叩いた男性は、乗務員と警察に促されて飛行機から降りることになりました。

 

ソラシドエアでCAを叩いたのはだれ?名前や画像はあるのか?

 

今回、大きな問題を起こしてしまった男性については、まだほとんど情報が出てきていません。

今後の、ドラシドエアの対応によって、男性の情報が報道されてくることになるでしょう。

それにしても、通路にいた客室乗務員が邪魔だったので、叩いたという言い訳には、言葉もありません。

さらに搭乗前に、すでにお酒を飲んでいたということなので、酔っ払っていた可能性もあるでしょう。

また画像を見てみると、叩いた相手は、おそらく女性CAである可能性が高いと思うので、本当に最低な行為です。

 

しかし本人はおそらく、ここまで大事になるとは考えてもみなかったでしょう。

ソラシドエアは、公式のコメントを出しており、今後刑事告訴するかを検討しているとしています。

個人的には、刑事告訴しても良いのではないかと思います。 

ネットにも、同様の意見が多くみられます。

乗客に対して人数が極めて少なく、女性が多い航空乗務員を守るのは法律以外にはない。
法律がきっちりと乗務員を守ることを示すためにも、刑事告訴して刑罰を与えた上でその結果を周知してほしい。

スポンサーリンク

ソラシドエアのCAを叩いた男性への賠償金はいくら?

 

今回、CAを叩いたことによって、飛行機から降ろされた男性は、飛行機の出発を40分も遅らせてしまいました。

飛行機の離発着の時間は決まっており、もし特別な理由で出発時間が突然変わってしまうなら、他の航空会社の飛行機にも大きな影響となります。

 

管制塔は、もう一度離発着の予定を作り直さなければならず、経済的な損失は非常に大きなものとなります。

仮にソラシドエアが、他の航空会社から今回の遅延について訴えられたとしたら、その賠償金を今回の男性に求めることになるはずです。

 

航空会社の賠償金は、個人が負担できるような額ではないため、本当に刑事告訴と賠償金請求が行われるなら、男性の人生は終わってしまうでしょう。

 

たとえ、お酒を飲んでいたとはいえ、しっかりと理性を保ち、社会人としてふさわしく行動することは、誰にとっても重要なことです。

あまりにも軽はずみな行動というものが、非常に多くなってきていますね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事