ますます綺麗になって来ている「橋本環奈」さんですが、20才になった瞬間は「ドンペリニヨン(ドンペリ)」を、双子の兄と飲んでお祝いしたようですね。

橋本環奈が飲んだ「ドンペリニヨン」は、どんなお酒なのか気になった方もいると思いますので、ご紹介します。 

スポンサーリンク

橋本環奈が飲んだ「ドンペリニヨン」の種類とは?

 

参照:贈る酒

 

ドンペリニヨンというと、ホストクラブやキャバクラなどで、110万円ほどで販売されているというイメージがありますよね。

飲んだことはなくても、高級なお酒であるということは分かります。

もちろん、クラブで飲む時には、正規の値段というよりは、付加価値がついているため、10万円以上の価格設定になっていることもあります。

しかし、自宅で自分で購入する場合は、もっとお得に購入することも可能です。

もちろん数十万円というものもありますが・・・・。

まずは、「ドンペリニヨン」がどのようなお酒なのか見てみましょう。 

「ドンペリニヨン」が高級なお酒の代名詞になっている理由

 

「ドンペリ」という言葉で親しまれているお酒の正式な名前は「ドン・ペリニヨン」です。

「ドンペリニヨン」を製造しているのは、フランスのシャンパンメーカーである「モエ・エ・シャンドン社(Moët et Chandon)」です。

 

シャンパンとはスパークリングワインの中で「シャンパーニュ地方」で作られてものだけを「シャンパン」と呼びます。

「ドンペリニヨン」も、スパークリングの一種ということになるでしょう。

名前の由来は、シャンパンを開発したベネディクト会の「ドン・ペリニョン」であると言われています。

 

では、なぜ「ドンペリニヨン」は他のスパークリングワインと比較して高級になるのでしょうか?

その理由は、熟成期間と関係があります。

 

「ドンペリニヨン」は、1番安い種類であっても、最低7~8年の熟成期間です。

中には、30年以上の熟成期間のワインもあるほどであるため、どうしても高級なスパークリングワインとなります。

どんなお酒でも、熟成期間が長くなれば、販売価格は比例して高額になります。

 

「ドンペリニヨン」の種類と価格とは?

 

期間限定品も販売されていますが、「ドンペリニヨン」は、主に6種類のタイプがあります。

  1. ドン・ペリニヨン 
  2. ドン・ペリニヨン ロゼ(ドンペリピンク、ピンドン)
  3. ドン・ペリニヨン エノテーク
  4. ドン・ペリニヨン レゼルヴ・ドゥ・ラベイ
  5. ドン・ペリニヨン P2
  6. ドン・ペリニヨン P3

 

上記の6種類です。

 

ドン・ペリニヨン

熟成期間は7年以下、一般的なグレードであり、ラベルの色は白

 

ドン・ペリニヨン ロゼ(ドンペリピンク、ピンドン)

熟成期間は810年程度、ロゼワインベース、ラベルの色はピンク

 

ドン・ペリニヨン エノテーク

熟成期間は15年、ラベルの色が黒であるため、ドンペリブラックと呼ばれる

 

ドン・ペリニヨン レゼルヴ・ドゥ・ラベイ

熟成期間は20年、ラベルの色はゴールド

 

ドン・ペリニヨン P2

飲み頃(プレニチュード)となる8年、1215年、30年という3回の中で、2回目以降のものを「P2」と表記

ドン・ペリニヨン P

飲み頃(プレニチュード)となる「8年」「1215年」「30年」という3回の中で、3回目以降のものを「P3」と表記

 

スポンサーリンク

橋本環奈が選んだドン・ペリニヨンは、どの種類なのか?

 

橋本環奈が、20才になった時、双子の兄と一緒に飲んだ「ドン・ペリニヨン」がどの種類かは分かっていません。

もともと本人も、「ドン・ペリニヨン」としか述べていないため、詳しい種類までは特定できません。

本人も、きっと詳しい種類についてまでは分からないかもしれませんね。

しかしきっと誰かからのプレゼントである可能性は高いでしょう。

プレゼントであれば、以下のような、ネームプレートをつけられるオリジナル【ドンペリ】である可能性が高いでしょう。。

ドンペリの白ラベルなので、それほど値段は高くないものの、ドンペリには違いないので、記念日には大いに喜ばれる品になります。

ちなみに一度、こうしたプレゼントを購入したことがあるのですが、あまりにも反応が良かったので、重要な日には繰り返し購入しています。

「ドンペリだぁ~~~」という反応が返ってくるのは、ほぼ間違いないですよ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事