「インスタ映え」という言葉ができるほど、多くの方がインスタグラムを利用しています。

そのインスタを使った詐欺(インスタグラマー育成講座)が横行しています。

中学生や高校生などの若い人たちが被害に遭っているようです。

親御さんは、一度お子さんに、「インスタグラマー養成講座」などのスカウトが来ていないか聞いてください。

スポンサーリンク

 インスタ詐欺の手口を公開!中高生の被害者が続出!

 

 

インスタを使っている中高生が徐々に増えてきていますが、犯罪者が学生などを標的にしている事件が増えています。

巧みに若い人たちの気持ちを利用して、高額な金銭をだまし取っているようです。

いくつか確認されている詐欺の手口を公開しますので、十分気をつけてください。

 

インスタグラマー養成講座

 

この詐欺の手法は、以前から存在しているものです。

少し前であれば、芸能事務所に入るための養成講座費用として数十万を支払うというものでした。

時代は変わり、「今では有名なインスタグラマーになりませんか?」という招待が、インスタに届きます。

実際の文面のサンプルがありますので、このようなスカウトが届いている場合、注意してください。 

「初めまして! 書き込み見させてもらいました。インスタグラマーにスカウトさせていただきたいのですが、メッセージ貰えれば詳細送ります!」

 

おそらく不特定多数の方が、こうしたスカウトメールをインスタで、1度は受け取ったことがあるのではないでしょうか?

今の中高生の女の子の中には、芸能人よりも有名なインスタグラマーの方に魅力を感じる子たちもいるようです。

 

たしかに情報発信力という面では、モデルや芸能人などのタレントさんよりも、インスタグラマーの方が優れていると言えるでしょう。

有名なインスタグラマーの使用している商品は、飛ぶように売れることもあり、職業として魅力的と感じる子たちも多いようです。

 

さらにインスタグラマーのキレイな女性に憧れる女の子も多いでしょう。

 

 

インスタ詐欺では、こうした女の子の心をくすぐるような文言で、巧みに誘惑をしてきます。

「あなただけが選ばれた」というような言葉をかけられると、だれでも嬉しく思ってしまうものです。

でも、「あなたには可能性があると思いますので、特別な養成講座を受けてください」と言われると、女の子の中には、自分の貯金を使って費用を支払ってしまうことが多いようです。 

特に、インスタは親の目が届かない場所でもあるため、発見が遅れてしまい、被害を食い止めることが難しいという特徴もあります。

少しでも早く、インスタ詐欺のメッセージを受け取っていないか確認してください。

 

 

インスタグラム情報商材詐欺

 

これも決して新しい詐欺の手口ではありません。

インスタグラマーになるための情報教材を購入させる詐欺になります。

「コレを読めばだれでも、発信力のあるインスタグラマーになれる」

そんな甘い言葉で、少し高額な情報教材を購入させるものです。

 

情報教材の中身に違法性があるということではありませんが、情報はどこでも入手できる当たり前の内容になっています。

全く役に立たない情報というよりは、値段とのバランスが悪いというタイプの詐欺になります。

有名でキレイなインスタグラマーは、皆それなりに苦労と努力、そして人とのつながりによって配信力のあるインスタグラマーになっているものです。

 

情報を購入しただけで、すぐに有名なインスタグラマーになれるわけではありません。 

インスタグラム養成講座へ友人を招待する「ねずみ講」

 

インスタグラム養成講座に参加すると、最初は「インスタ映」する写真の撮り方などを教えてもらうことができます。

その後は、インスタグラマーになるというよりも、どのようにインスタグラマー養成講座に人を呼べるのかという授業になります。

 

自分自身がインスタグラマーになるのではなく、養成講座に人を集めるためのノウハウを教わるわけです。

その後、人を講座に呼ぶたびに、自分にどれくらいの金銭が入ってくるようになるのか説明されます。

つまりほとんど「ねずみ講」のような事をさせられる可能性があるわけです。

 騙されてお金を支払ってしまった場合の対処法

 

 

例えば、子供がインスタ詐欺に騙されてしまい、高額の養成講座費用を払ってしまった場合、どうすれば良いでしょうか?

最初に行なっていただきたいのは、弁護士に相談することです。

自分で相手を交渉をすると、決まって相手の「弁護士」という存在が出てきます。

普通の人では、相手が弁護士と名乗ると、相手の主張を全面的に受け入れてしまいます。

しかし後でよく調べてみると、その弁護士の名前も事務所名も全てがデタラメだと分かるものです。

しかし冷静さを失っているときには、なかなか気づけないものですよね。

 

ですから支払った金額を返還するように、最初から弁護士を通じて依頼すると良いでしょう。

弁護士費用の方が、請求金よりも多くなる場合は、頼みにくいかもしれませんが、電話無料相談がありますので、これを利用してみてください。

法律上のトラブルは、少しでも早く弁護士に相談することで徹底的な解決を図れます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事