日本側がレーダー照射問題に関して動画を公開したことに続いて、今度は韓国側が動画を公開し、日本への批判を繰り返しています。

動画を検証してみます。

内容を見ていただければ、薄っぺらい主張になっていることがよく分かります。 

スポンサーリンク

韓国側が公開した動画を検証してみる

参照:ANN

 

百聞は一見にしかずという言葉のように、まずは韓国側が主張する「日本が悪い」という見方を証明するという動画を確認してみてくださいね。 

 

まず、この動画を見てみると、遠くに日本の自衛隊の航空機が映っている映像になっています。

動画の中で、「日P-1」と記載されているのが、自衛隊機となります。

かなり遠くを飛行している航空機が映っていますが、この映像で自衛隊機が低空飛行をして、圧力をかけてきたと言えるのでしょうか??

 

参照:ANN

 

本当に疑問が残る映像になっているよね。

それに対して、前回防衛省が公開した動画は、韓国の駆逐艦との距離もよく理解でき、さらに隊員の話すコメントまではっきりと記録されています。

 

動画の時間に関しても、はるかに防衛省の公開した動画の方が優れている状態です。

 

正直な感想を述べると、韓国の公開した映像は「YouTuber」が作成しているような動画のレベルという印象です。

 

無意味なBGMで緊張を煽っているような仕上げになっており、実際にはまったく緊迫感のない内容です。

 

この映像で、反論になると考えている思考回路が、ちょっと理解できません。 

 

それに対し、防衛省が公開した動画の詳細は、こちらで紹介しています。

今回、韓国側が反論のために、防衛省が公開した動画を再利用していることもよく分かります。

韓国側が公開した動画の一部を切り取った画像

参照:韓国国防省

 

日本の防衛省の公開した動画の一部分

 

参照:防衛省

 

韓国側は、当初「日本側が公開した映像とは異なる動画」を公開すると述べていました。

確かに韓国警察の撮影した動画も「少し」ありましたが、多くは防衛省の公開した動画の転用です。

下の防衛省の動画には、日本の国旗がしっかりと映っていますが、韓国側の動画では、「国旗が映らないように」切り取っているのがよく分かります。

 

スポンサーリンク

韓国側が公開した映像を確認した防衛省の見方とは?

 

この映像を確認した防衛省の見方が公開されています。

信じられない主張だ

主観的で一方的だ

引用:時事通信
映像に対する、海上自衛隊の幹部のコメントはこうです。

「BGMであおっているだけで、中身がない」
「艦番号は聞こえている。それに反応しないなんてあり得ない

低空飛行を脅威に感じたというだけで、客観的なものの提示はない。主観の問題でいつまでも平行線だろう。韓国の主張する高度150メートル、距離500メートルだとしても、一般的には脅威ではない

引用:時事通信

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事