ド近眼の人から見た世界という絵画が話題になっています。

この作者と言われているPhilip Barlow(フィリップバーロウ)とは誰なのでしょうか?

またどこの国の方なのか?ギャラリーはどこにあるのか?プロフィールは?

このような疑問にお答えしています。

 

スポンサーリンク

Philip Barlow(フィリップ・バーロウ)のプロフィール

 

名前:Philip Barlow(フィリップ・バーロウ)

生年月日:1968年

国籍:Pietermaritzburg, South Africa

ギャラリー場所:南アフリカケープタウン

大学:ポートエリザベス・ネルソン・マンデラメトロポリタン大学

住所Riebeeck Kasteel,Western Cape,South Africa

 

具体的な南アフリカのライビーク・カステールという場所は以下の場所になります。

現在、Philip Barlowはこちらに滞在して、作品を作っているということです。

 

 

日本では急に有名になりましたが、これまでにどのような活動をしているのでしょうか?

実は、日本では知られていなかっただけで、海外ではすでに何年も活動を続けている有名な画家です。

 

基本的な活動は、南アフリカのケープタウンという都市で行なっており、ギャラリーの場所はウォーターフロントにあります。

ケープタウンの中でも非常に有名な場所になりますので、旅行で行かれる際は寄ってみることもできるでしょう。

 

ケープタウンのギャラリーは、「Everard Read」という1913年にヨハネスブルグというもう1つの都市にできた商業ギャラリーです。

同じ「Everard Read」が199611月にケープタウンのウォーターフロントという場所にでき、そこに自分の作品を出品している状態です。

ギャラリーの場所は、以下の通りです。

引き続きこれまでに開いたギャラリーの情報を紹介します。

 

これまでにギャラリーを開いた場所の情報

フィリップ・バーロウ(Philip Barlow)氏はこれまでにも、多くの場所で個展を開き、ギャラリーを展開しています。

 

2003年:南アフリカケープタンで初めての個展(ギャラリー)

2004年:南アフリカとオランダで個展

2005年:南アフリカの視覚芸術協会で個展

2006年:南アフリカヨハネスブルグObert Contemporaryで個展

2008年:南アフリカヨハネスブルグObert Contemporary、ケープタウンJohans Borman Fine Artで個展

2009年:南アフリカヨハン・ボーマン・ファイン・アーツでのグループ展に参加

2010年:南アフリカヨハネスブルグObert Contemporaryで個展

2011年:ヨハネスブルグとケープタウンで個展

2013年:南アフリカに加えて、アメリカサンフランシスコにて個展を開く

2015年:Everard Read Cape Townでの個展(上記で地図にて説明)

2016年:南アフリカRiebeeck KasteeEverard Read Cape Townにて個展

2017年:南アフリカの各地で個展を開き、活動を広げる

2018年:イギリスのロンドンにあるEverard Readに出展し活動している

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事