俳優の小出恵介が、本格的な復帰のためにアメリカNYへ移住することになった。

日本での復帰は不可能であるため、活躍の場をアメリカに求めることになった。

俳優学校アクターズスクールに入る予定だが、学校はどこにあるのか?いつ移住するのか?質問にお答えします。

 

スポンサーリンク

小出恵介はニューヨークの学校でも問題なし

 

2018年にアミューズ事務所との契約が完全に終了したため、現在は無所属のタレントになっている。

日本での復帰はイメージがあり、ほぼ不可能になっているため、今回アメリカのニューヨークへの移住を決定したようです。

 

アメリカNYにあるアクターズスクールに通うことになっているようだが、小出恵介は英語ができるのでしょうか?

実は小出恵介は、帰国子女であるため、英語に関しては、大きな問題がないとされています。

そのため、小出恵介の弁護士もアメリカへの移住に関してOKを出したとしている。

 

弁護士の話すところによると、すでに小出恵介は渡米のための準備をしているという事。

しかし学校に入学するためには、まず住所を取得しなければ、俳優学校に申込をすることもできない

 

そのため、まずは生活拠点をNYで作る必要がでてくるだろう。

そのためにもまずは、すぐにでもアメリカに行くことを計画しているはずだ。

とはいえ、入学手続きまではできないので、本人としては、非常に焦っているところだろう。

 

では小出恵介は、いつ移住する予定なのだろうか?

 

小出恵介はアメリカにいつ行くのか

 

最初に行うことは俳優学校に入学することと、本人はすでに決めているという事だ。

学校に通いながら、多くのドラマや映画のオーディションを受けていくことになります。

帰国子女とはいえ、やはり日本での生活が長かったため、綺麗な発音の英語を話すには、やはり言語学校に通う必要も出てくる。

 

だからこそ、本人は少しでも早くアメリカへの移住を考えているはずだ。

 

では本人の希望通りに、アメリカニューヨークへ移動することができるのだろうか?

現在のアメリカは、以前とは異なり、外国人が入国しにくい環境になっている。

トランプ大統領になり、ビザの取得もかなり難しくなった。

少し前に、ピースの綾部がアメリカに行くと宣言してから、なかなかビザの取得ができなかったことを覚えておられるでしょう。

つまり本人がどんなに願ってもビザが取得できなければ、オーディションを受けることもできず、ましてやドラマや映画に出演することも不可能になる。

 

すでに弁護士が動いているということなので、ある程度の期間さえあれば、アメリカへの移住は可能になるだろう。

しかしアメリカン・ドリームは、どれほど簡単に手に入るわけではない。

間違いを犯した人でも受け入れてくれるのが「アメリカ」だが、成功するために存在するライバルが多いのも、またアメリカである。

 

では小出恵介が通う「アクターズ・スクール」とはニューヨークのどこにあるだろうか?

 

スポンサーリンク

ニューヨークのアクターズ・スクールはどこにある?

 

 

 ニューヨークのアクターズ・スクールの中で、最も中心地に近いのは、上記のアクターズスタディーです。

もちろん、この学校で間違いないかは分かりませんが、こちらである可能性も高いでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事