綾瀬はるかの父親については、以前から農家であると噂されており、「綾瀬はるか」の本名が分かったことで、家族(父親)の情報も分かってきました。

父親の名前は?実家の住所はどこ?綾瀬はるかの本名は?このような質問にお答えする記事になっています。 

スポンサーリンク

綾瀬はるかの経歴とプロフィール

 

参照:with online

 

まずは簡単に綾瀬はるかさんのプロフィールと経歴を見てみましょう。

 

名前:綾瀬はるか(芸名)

生年月日:1985年3月24日

出身地:広島県広島市

血液型:B型

家族:父、母、兄

学歴:帝京大学短期大学(中退)

身:165cm

体重:50kg

特技:スポーツ(陸上、バスケ)

 

綾瀬はるか農家の父親の名前が判明!綾瀬はるかの本名も判明!

 

参照:キレイウーマン

 

綾瀬はるかさんが、「サワコの朝」出演し、家族に関してかなりプライベートなことが分かってきました。

 

綾瀬はるかさんの父親は、以前はキッチンデザインの仕事をしていたようですが、現在は「農家」をやっていると本人が語っています。

42歳の時に会社を止めて農家になったようです。

 

綾瀬はるかさんの父親へのイメージは、厳格な中に子供への愛情にあふれる優しさがある父というもののようです。

今でも綾瀬さんは、とても父親を信頼していて、演技などの仕事面で悩みがあるときは、父親に連絡するほど仲が良いみたいですね。

 

とても理想的な父娘の関係になっているようですね。

 

そんな綾瀬はるかさんですが、「綾瀬はるか」が芸名であることが判明しています。

本人の本名は「蓼丸綾(たでまる あや)」であることが、卒業文集の流出で明らかになりました。

参照:中学校アルバム

 

参照:高校アルバム

 

 

綾瀬はるかと名乗る前には、「蓼丸綾」としてテレビに出演していた経歴もあります。

 

 

「蓼丸」??と感じた方も多かったのではないでしょうか?

かなり珍しい名字です。

聞くところによると、蓼丸という名字は、広島県広島市の一部で使われている独特な名字のようです。

つまり綾瀬はるかさんの実家の名字は「蓼丸」ということになります。

この名字は珍しすぎるため、日本に10人ほどしかいないようです。

 

2004827日の中国新聞には、このような記事がありました。

 

広島菜の産地で有名な安佐南区川内、農業蓼丸(たでまる)良孝さん(52)が耕す三アールの畑では、高さ約一・八メートルの茎に「面長」の実がなる。日差しを浴び、濃い紫色の肌が光る。「丸ナスより軟らかく、浅漬けや焼きナスにしたら、うまいよ」。蓼丸さんが実の一つを割ると、ボタボタッと滴がこぼれた。

引用:中国新聞

 

スポンサーリンク

綾瀬はるかさんの父親の名前は「蓼丸良孝(たでまるよしたか)」さん

 

綾瀬はるかさんの「本名:蓼丸綾」と父親の職業が「農家」であるということから、父親の名前が判明してしまいました。

 

父親の名前は「蓼丸良孝(たでまるよしたか)」さんとおっしゃいます。

2004年の段階で52歳ということなので、生まれは1952年となります。

 

42歳の時にキッチンのデザイン会社から農家に転職されたという事なので、転職のタイミングは1994年となり、綾瀬さんが9歳の時だったことが分かります。

 

綾瀬さんは、以前に中学生の時には、研修生が農家の仕事を手伝っていたと述べていますので、このタイミングとも合致します。

 

綾瀬はるかの実家の住所もどこなのか判明

 

綾瀬はるかさんの父親の名前が分かると、住所は簡単に判明してきます。

中国新聞でも「広島市安佐南区」というところまで分かっているので、あとは電話帳で調査すると、すぐに詳細な住所が出てきました。

 

綾瀬はるかさんの実家の住所は、「広島市安佐南区川内6--○」と、中国地方の電話帳に載せられています。

綾瀬はるかさんの実家の皆さんは一般の方なので、○○と使わせていただきました。

どうぞご了承ください

電話帳なので、電話番号も載せられていますが、やはり迷惑がかかる可能性もあるので、

082-877-〇〇〇〇と紹介させて頂きます。

 

 

綾瀬さんの本名が「蓼丸」であったことから、父親の名前や実家の住所や電話番号まで判明してしまいました。

悪用されてしまうのは、ファンとしても心苦しいため、一部の情報を○○と表記させて頂いたことをご了承いただけると幸いです。

 

しかし綾瀬はるかさんが、素敵なお父様に育てられたことは、よく伝わってきます。

今、女優としての絶頂期を迎えていると言っても過言ではなく「義母と娘のブルース」も大ヒットしています。

今後の活躍が引き続き楽しみですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事