台風21号の猛威が列島を混乱させており、関空にも閉じ込められている方が多数いる。

そんな中で宅配ピザのドライバーが台風21号の風に吹き飛ばされる画像や動画が話題になっている。

宅配ピザはドミノピザであるとされているが、その時の動画を紹介します。

 

スポンサーリンク

危険な台風の中での宅配ピザドミノ・ピザの配達の動画

 

参照:ツイッター

 

今回の台風21号は、過去最大級とは言われ、大型のトラックをなぎ押すほどの猛烈な風となっています。

台風が通過するまで、外出するのを控える方が懸命です。

実際、多くの会社では台風の猛威を予想して、会社を休みにしているところも多々あるようです。

 

そんな中で、衝撃的なニュースが入ってきました。

なんと台風21号による風が吹き荒れる中、宅配ピザが配達を行っていたということです。

しかし案の定、強風にあおられてしまい、転倒している場面の画像や動画が出てきました。

これほどの台風の中で、宅配を行うことが危険であることを予想できなかったのでしょうか?

 

まずは動画を見て、どれほど危険な行為だったのか確認してみましょう。

宅配ピザの向かっている方向から、つまり向い風のような強風が吹いています。

 

 

強風にさらされている宅配ピザのドライバーは、最初はなんとか強風に耐えていましたが、徐々に風に押されてしまいます。

最終的には、バイクを刺さることができなくなり、そのまま転倒してしまいます。

最初は運転をしていたはずですが、前に進めなくなり、結果的に転倒までしてしまったようです。

 

今回は、おそらくバイクが転倒しただけで済んだ可能性が高いですが、非常に危険な行為であったことは明白です。

会社としての安全対策などに大きな問題があったと言わざるを得ないでしょう。

ちなみに、台風21号の強風によって、トラックも横転しています。

 

台風による転倒で会社が負う責任とは?

 

今回のドライバーに関する情報は、ほとんど出ていません。

また怪我をしたという情報も入って来ていませんので、あくまで仮定の話になります。

もしドライバーが怪我をしてしまった場合、これほどの規模の台風であることを知っていた会社は、ドライバーから多額の損害賠償請求をされることになります。

 

この裁判で会社が勝てる要素は、ほとんどないため、実際には示談ということになりますが、示談金は両者による話し合いとなりますが、かなりの高額な示談金となるでしょう。

 

常識的な会社であれば、台風21号ほどの規模の強風であれば、社員を外出させるようなことはさせないでしょう。

ましてやバイクで配達させるとはなにごとかというレベルです。

 

今回の会社は映像からすると、ドミノピザになるようなので、今後公式の謝罪文などが発表される可能性もあります。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事