令和になって初めての月9ドラマ【観察医朝顔】に「SixTONES森本慎太郎」が上野樹里・風間俊介と一緒に出演することになりました。

おそらく上野樹里の彼氏役になることはないと思いますが、上野樹里の主演というのも楽しみですね。

SixTONES森本慎太郎」が出演するというだけでも嬉しいですね。

SixTONES森本慎太郎」くんは、どこでロケをするんでしょうか?

【監察医朝顔】のネタばれや感想をご紹介しますね。 

スポンサーリンク

新月9ドラマ【監察医朝顔】のネタばれ内容!

 

新ドラマが始まると、内容が気になりますよね。

今回の、【監察医朝顔】については、すでに原作があるため、基本的には原作の内容に沿ったものとなるでしょう。

もちろんはっきりしたことはまだ発表されていませんが・・・。

 

原作になっている漫画は、同名【監察医朝顔】というもので、週刊漫画サンデーで連載されていたものです。

漫画自体は、すでに2013年の時点で終了しているので、完結している作品と言えるでしょう。

簡単に言えば、医療ドラマという事になるでしょう。

作品の法医学監修として、東京医科歯科大学の上村公一氏が参加しているので、本格的な医療ドラマになるでしょう。

 

ドラマの放送日時はいつ?

 

【監察医朝顔】の放送時間については、すでに発表されています。

201978日(日曜日)

時間:21時から

 

【監察医朝顔】ネタばれ紹介!

 

物語の主人公になるのは、万木朝顔という興雲大学に勤めている、新米法医学者です。

この役を「上野樹里」が演じることになっています。

万木朝顔の父親の刑事「万木平」を演じるのは、「時任三郎」です。

 

法医学者の仕事にフォーカスした作品はそれほどないので、今回の作品は非常に楽しみですね。

法医学者とは、死因の分かっていない遺体を調べ、隠された死因を特定するという仕事です。

当然、医師としての資格と能力が必要になるプロフェッショナルな仕事なので、朝顔も医師免許を所有しています。

では、朝顔はなぜ医師の道ではなく、法医学者として生きることになったのでしょうか?

 

それは朝顔の母親の死と関係がありました。

母親は、東北地方で亡くなりましたが、遺体は見つかっておらず、なぜ亡くなったのか、その原因は分かりませんでした。

父親の万木平は、時間があれば東北地方に行き、妻の遺体を探し続けています。

母の死の理由が分からなかった辛さを知っている朝顔は、遺体が語る真実の言葉に耳を向けるようになります。

 

もし法医学者が遺体の言葉にならない声を聞き取ることができないなら、死因不明のまま処理されることになります。

それを12番目の死因「なぜ亡くなったのか分からない不詳の死」と呼んでいます。

 

朝顔は、遺体が話しかける声に耳を向けることで、人が生きた証を見つけようと真摯に遺体と向き合っていきます。

新米ながらも、強い意思と優しさを持ち合わせた朝顔は、次々と死因を特定していきます。

時には法医学者としては普通ではない、現場まで足を伸ばすことすら行います。

そんな朝顔によって明らかになる死因によって、犯罪が明らかになったり、遺族の心を癒やすことができます。

 

簡単にネタばれを紹介しましたが、本当に楽しみなドラマですね。

 

スポンサーリンク

【監察医朝顔】の撮影現場はどこ?ロケ地の場所紹介!

 

7月から始まる月9ドラマであり、さらに上野樹里が久しぶりにドラマで主演を演じるという事で注目が集まっています。

法医学者であり、大学に勤めていることからすると、基本的なロケ地は、おそらく病院施設になることでしょう。

 

また父親が度々訪れる東北地方も、重要なロケ地になることが予想されます。

撮影が始まっていくと、詳細なロケ地が分かってくると思います。

情報を引き続き更新していきますので、お待ちくださいね。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事