近年、お騒がせタレントのようになってしまっている【歌姫】のマライア・キャリーですが、今度は「見苦しい動画」で話題になっています。

この映像を撮影したのが、非常に親しい存在だったため、その動画の内容が気になります。

動画の内容について調べてみました。 

スポンサーリンク

マライア・キャリーを動画で脅したのは誰?

 

動画の流出は、芸能人やセレブにとって非常に大きな問題になります。

本人のイメージだけではなく、関係するスポンサーからの支援を受けられるのかどうかを決めることにもなります。

特にCMなどを担当している場合、スキャンダルがCMのイメージを悪くするなら、一発で契約違反となり、多額の違約金や賠償金を請求されることになります。

 

今回の、マライア・キャリーに関する動画によって、マライア・キャリー自身は大きな痛手を受ける可能性もあります。

こうした芸能人に関する動画は、基本的に非常に親しい存在から流出することがほとんどです。

 

もちろんSNSが発達したため、一般人からの情報によって動画や写真が流出することもないわけではありません。

それでも、プライベートな動画については、やはり交際相手や仕事上の関係者からの流出の可能性が非常に高くなります。

こうした流出元からの動画の内容は、非常にショッキングなものになることもしばしばですよね。

 

今回、マライア・キャリーの「見苦しい動画」を撮影したのは、以下のような人です。

 

名前:リアナ・アザリアン

立場:エグゼクティブアシスタント

 

今回、動画を撮影したとされている方は、エグゼクティブアシスタントという、非常に立場の高い人物であることが分かります。

 

エグゼクティブアシスタントとは会社のトップマネジメント層(役員や幹部クラス)が最高のパフォーマンスを発揮できるように多角的な面から業務をサポートするビジネスパートナーです。同時に、職場の生産性や効率性を向上させるため業務管理などのオフィスマネジメントも業務の大事な一部です。

会社の上層部役員たちの右腕となるサポートが求められるため、幅広いビジネス知識やスキルを兼ね備えておく必要があります。その点がエグゼクティブアシスタントと一般の秘書やグループアシスタントの違いとも言えるでしょう。

 

こうした人物が、マライア・キャリーに関する「見苦しい動画」を撮影して、脅迫したということです。

 

スポンサーリンク

マライア・キャリーを脅した動画の内容(真相)とは?

 

今回、リアナ・アザリアンが撮影した動画(映像)をネタに、マライア・キャリーを脅迫したということです。

その時の、脅迫内容とは

 

この動画を公開されたくないなら800万ドル支払うように!

 

このようなものです。

800万ドルの対価となるような動画ということになるため、リアナ・アザリアンさんが撮影した動画の内容は非常に衝撃的なものになっている可能性があります。

脅迫となる動画であるため、現在すでに流出しているマライアの動画ではありません。

リアナ・アザリアンさんだけが管理できている動画でなければ、マライア・キャリーを脅迫することはできませんよね。

 

よって、現在その動画を見られるのは、リアナ・アザリアンさんと弁護士だけになるでしょう。

今回、マライアは脅迫されたことに関して、裁判を起こしています。

損害賠償は300万ドル、守秘義務違反に対する禁止命令というものです。

簡単に言えば、動画の中身がマライアの仕事に大きな影響を与えるものであるということです。

しかし、動画の中身が気になりますよね。

 

これから動画の内容について検討してみましょう。(これから紹介するのは、あくまで可能性があるということです)

まずは私生活のだらしない動画というものかもしれません。

これまでにも多くの男性との噂があったマライアなので、この面での動画である可能性は否定できません。

 

しかし個人的には、「無苦しい動画」とは、彼女の歌に関するものではないかと予想しています。

マライア・キャリーと言えば、7オクターブの歌声が魅力でした。

しかしマライアの近年の歌声や歌唱力は、どんどん下っており、多くのファンを失望させています。

口パクの疑惑すら起きているので、もしかすると本人による「口パク」の指示動画なのかもしれません。

もしこの種の動画なら、歌手としての命を奪われるような内容であるため、秘密守秘義務に関する裁判を起こさなければなりませんね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事