とっても嬉しいニュースが入ってきました。

F東京に所属し、日本代表デビューもした久保建英がスペインの名門レアルマドリードへの移籍がほぼ確定みたい。

バルセロナFCへの移籍かと思っていたら、なんとなんとライバルのレアルへの移籍とは、驚きました。

 

  • 久保建英がいつレアルに移籍するのか?
  • 移籍金や年俸はいくらになるのか?
  • レンタル移籍先の国やチームはどこになるのか

 

この記事では、久保建英に関する上記のような質問にお答えしています。

 

スポンサーリンク

久保建英はいつレアルに移籍するのか?

 

出典:GOAL

 

現在、契約が完全に締結されたというわけではないものの、代理人によるとハッピーエンドになる可能性が高いということです。

すでに具体的な契約金などの話が出てきていることやバルサの金額よりも高いことを考えると、レアルがかなり本気で久保建英を取りにきている事が分かります。

日本の至宝となる久保建英がレアルに移籍するのは、ほんとうに嬉しいですよね。

 

肝心なのは、いつ契約が決まり移籍することができるのかということです。

現在は、F東京に所属しており、契約も残っていますので、すぐに移籍する場合は、レアルから移籍金の支払いが必要になります。

レアルに移籍金の支払の意思があるなら、レアルの希望するタイミングでの移籍が可能となります。

つまり契約が決まり次第、すぐにも久保建英はスペインへの移籍が可能になるということです。

F東京が久保建英の移籍を留める可能性はほとんどないため、契約が決まり次第の移籍になるでしょう。

 

とはいえ、メディカルチェックなども必要になるため、2020年からの移籍という形になる可能性が高いと思われます。

 

 

スポンサーリンク

久保建英の移籍金や年俸はいくら?契約年数は何年?

 

久保建英は18歳であるため、レアルは長期契約を望んでいるでしょう。

もちろんチームに役立てるという意味もありますが、久保建英が成長した段階で売却することも念頭に置いているはずです。

現在の報道では、5年契約になる可能性があるということなので、妥当な数字と言えるでしょう。

 

気になる年俸は、100万ユーロ(12,000万円)から200万ユーロとなる可能性が高いでしょう。

おそらく移籍後は、レンタル移籍をすることでトップチームに入るための訓練を受けることになるため、出来高などは契約には入らないでしょう。

5年契約で500万ユーロ(6億円)での契約、そしてF東京への移籍金は200万ユーロとなるため、8億円の契約になります。

最新の情報では、移籍金は発生しないようです。

久保との契約は、18歳になる2019年6月までだったようですね。

つまりレアルは、移籍金なしで久保建英を手に入れたということです。

18歳の日本人に対しての契約としては、過去最高の評価と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

久保建英がレンタル移籍されるのはどこの国のチーム?

 久保建英は、レアルBチームでデビューすることがきまりました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事