横浜市営地下鉄の運行が完全に停止しているようです。

木曜日の朝、忙しいタイミングで横浜市営地下鉄ブルーラインが停止しているため、多くのサラリーマンや学生の足に影響が出そうです。

1日の利用者は52万人にもなる交通の足が停止してしまっている状態です。

市営地下鉄が運行停止になっている理由と、復旧がいつになるのか解説しています。

⇒遅延証明書はこちら

公式HPは、現在繋がりにくい状況になっています。

スポンサーリンク

横浜市営地下鉄ブルーライン運転停止の理由

 

先ほど入ってきたニュースですが、運行停止になっている理由は、泉区の下飯田駅と立場駅の間で、列車が脱線したということです。

電車が脱線してしまうと、そこを復旧しないかぎり運行を再開することはできないため、復旧まで時間がかかると思われます。

横浜市営地下鉄によりますと、市営地下鉄のブルーラインは始発の電車が午前5時22分に横浜市泉区の下飯田駅を出発した直後に車両が脱線したという情報があり全線で運転できなくなっているということです。

引用:NHK

現在のところ、電車が脱線した理由については、発表されていないため、はっきりしたことは分かっていません。

今後、さらに原因についても発表されることが予想されるため、情報を更新していきます。

 

スポンサーリンク

ブルーラインの復旧はいつになるのか?

 

少しでも早く復旧するように、横浜市営地下鉄では原因の究明を急いでいますが、まだいつ復旧できるのかは、はっきりしていません。

最新の情報を追加していきますので、少々お待ちください。

⇒市営地下鉄公式HP

最新情報

 

 

07時06分現在【ブルーライン】下飯田駅で発生した脱線の影響により、踊場駅からあざみ野間での折返し運転となっています。

掲出日19/06/06 07:04
状態:修正

07時06分現在【ブルーライン】下飯田駅で発生した脱線の影響により、踊場駅からあざみ野間での折返し運転となっています。JR線、東急線、京急線、相鉄線、みなとみらい線、小田急線で振替輸送を実施しています。ご利用のお客様には、大変ご迷惑をおかけしておりますことをお詫びいたします。

引用:横浜市交通局

 

停止した車内の様子

振替輸送はどうなっている?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事