甲子園出場歴もある高知商業高校の野球部員が、同校のダンス同好会の有料発表会に出演し問題になっています。

  1. 一体なにが問題になっているのか?
  2. 日本学生野球憲章に抵触(違反)とはどのような意味か?
  3. 本当に大きな問題にすべきなのか?

こうした点を解説しています。

同時に、この件に関する意見もご紹介します。

スポンサーリンク

 日本学生野球憲章とは??抵触している部分とは?

 

 

日本学生野球憲章とは、簡単に言えば、「学生野球」の位置づけを定めている規定と言えるでしょう。

この中に、学生野球を商業利用してはいけないというものがあります。

具体的に、日本学生野球憲章の内容を見てみましょう。

 

このような一文が載せられています。

国民が等しく教育を受ける権利をもつことは憲法が保障するところであり、学生野球は、この権利を実現すべき学校教育の一環として位置づけられる。この意味で、学生野球は経済的な対価を求めず、心と身体を鍛える場である。

引用:日本学生野球憲章

 

この文章の中の、「学生野球は経済的な対価を求めず、心と身体を鍛える」という部分に、今回は抵触しているとして問題になっています。

さらに日本学生野球憲章の第一章、第2条の学生野球の基本原理という部分にもこのような一文があります。

 

日本学生野球憲章第2条第4

 

学生野球は、学生野球、野球部または部員を政治的あるいは商業的に利用しない。

引用:日本学生野球憲章

 

日本学生野球憲章第12条(学生野球資格を持たない者との関係の基本原則)

 

学生野球団体および加盟校は、日本学生野球協会の承認を受けて、学生野球の発展を目的として、次にかかげる活動を通じ、学生野球資格を持たない者(本憲章により除名処分を受けて学生野球資格を失った者を除く。)と交流することができる。

①           練習、試合など

②           講習会、シンポジウムなど

③           その他学生野球の発展に資する活動

2            前項の交流は、次の原則を遵守しなければならない。

①           学生野球が商業的に利用されてはならないこと。

引用:日本学生野球憲章

 

上記のような日本学生野球憲章の部分に抵触している可能性があるとして、問題になっているわけです。

ではこの日本学生野球憲章のどこに抵触したのか、さらに詳しく検証していきます。 

高野連はなにを問題にしているのか?

 

今回、高知商業高校野球部員が出演した「同校のダンス同好会」は、市内の会場を借りて発表会を開き、入場料500円を徴収していました。

つまり有料のイベントであるということになります。

そうすると、「学生野球は、学生野球、野球部または部員を商業的に利用しない」という部分に抵触してくるというのは、道理にかなった考えと言えるでしょう。

 

しかし、こうした問題は杓子定規的に判断すべき問題ではないでしょう。

確かに、行為自体は日本学生野球憲章に抵触しているかもしれませんが、重要なことを確認する必要があります。

 

  1. 高知商業高校野球部員は出演することで、報酬を得ているのか?
  2. 高知商業高校野球部員が出演することで、観客の増加を狙ったのか?
  3. 高知商業高校野球部員はなぜ出演したのか?

 

少なくとも、本当に悪意があったのかどうか、上記の3点を検証する必要があるでしょう。

 

1 高知商業高校野球部員は出演することで、報酬を得ているのか?

 

この件については、野球部員は報酬などを受け取っているという報告は一切ありません。

ですから報酬のために野球部員が、ダンス同好会の主催する発表会に出演したわけではないでしょう。

 

2 高知商業高校野球部員が出演することで、観客の増加を狙ったのか?

 

今回の発表会は、あくまでダンス発表会であり、高知商業高校野球部員が出演するとして広告していたわけではないでしょう。

さらに野球部員が出演したからといって、来場者が急激に増えるわけでもないでしょう。

ですから商業目的のために利用したという可能性は低いと考えられます。

 

3 高知商業高校野球部員はなぜ出演したのか?

 

このポイントは非常に重要になります。

高知商業高校野球部員が、同校のダンス同好会の発表会に出演した理由は、ダンス同好会がチアガールとして甲子園で応援してくれたことへの感謝ということです。

純粋に応援へのお礼として、野球部員が発表会に出演したことを、これほど大きな問題として取り上げる必要があるのか考える必要はあるでしょう。

上記の3点について、考えてみると、今回の件はもともと商業目的ではないことが明白だと個人的には感じます。

 

今回の処分内容とは?

 

今回の、高知商業高校野球部員の出演による処罰は、野球部長への有期の謹慎処分というものです。

日本高野連は、上記の処分を日本学生野球協会審査室に上申しています。

 

確かに、憲章自体に抵触しているかどうかと言われれば、抵触していると言えるでしょう。

 

しかし謹慎処分を野球部長に課さなければならないほどかと言われれば、疑問が残ります。

個人的には、憲章に触れて、抵触している可能性があるので、次回からは注意するようにという程度の勧告で良かったのではないかと思います。

 

そもそも、日本高野連は、甲子園を開きそこで商売のようなことをしているわけですから、もともと避難するような資格があるのかも疑問ですね。

では、今回の件について、どのような意見があるのでしょうか? 

スポンサーリンク

高知商業高校野球部員のダンス同好会出演に対する意見

 

経緯を見たら、地元紙の報道がきっかけだった模様。
現地の記者が問題ないと判断して記事にして、編集部も問題ないと判断したから出版されたわけで、一般的感覚からしたら何の問題もないはず。
個人的にもなぜこれで処分が下るのか理解できない。
また、高野連が問題視する理由も理解に苦しむ。500円の入場料、しかも球児がメインではないイベントでのことが「商業」理由なら、甲子園を始め、地方大会から全試合入場料無料にしないと整合性がつかないだろう。

引用:ヤフーコメント

はっきり言って意味不明。
だったら高校野球の甲子園などは全て無料にして下さい。
だいたいお金のある私立と違ってほとんどの学校は大会の参加費や部活で使用する衣装などは親やOBOGからの寄付だったりすることも多い。
その為に自分達が頑張って入場料を取ることの何がいけないのか?
応援してくれたチアの子達の公演に出ることの何がいけないのか?
高校野球は他の部活よりそんなに偉いのかい?

引用:ヤフーコメント

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事