非常に気になっていた「KANA-BOON 飯田祐馬」の失踪でしたが、どうやら解決したようです。

KANA-BOON 飯田祐馬は無事に自宅に戻ってきたということなので、ひとまず安心できます。

帰宅は、2019年6月15日の深夜ということです。

今回、KANA-BOON 飯田祐馬が一体なにをしていたのか、どこにいたのか、

今後の活動がどうなっていくのか調べています。

 

スポンサーリンク

KANA-BOON 飯田祐馬はなにをしていたのか?

KANA-BOON 飯田祐馬が所属している、「ヒップランドミュージックコーポレーション」が、飯田の発見に関して正式な発表をしていますので、まずはこちらをご覧ください。

 

現時点で分かっているのは、上記の情報のみになりますが、いくつか新たな情報もありますね。

まずは無事に発見できたようですが、どうやら本人が自分で自宅まで戻ってきたということです。

家族によって捜索願いが出されていましたが、警察による発見ではなかったということですね。

捜索願を出したものの、事件性がなかったため、警察が本腰を入れて捜索をしていたわけではなかったということでしょう。

それにしても、無事に戻ってきてくれて良かった。

KANA-BOON 飯田祐馬が失踪していた間、どこにいたのかということは、まだ語られていません。

スポンサーリンク

飯田祐馬は病気なのか?怪我はあるのか?

 

上記の報告によると、KANA-BOON 飯田祐馬には怪我などはないということなので、一安心です。

しかし、気になるところがあります。

憔悴しきっているという表現です。

長期間、失踪していたため、衰弱しているようですが、もしかしたら精神的な部分でダメージがあるのかもしれませんね。

失踪の原因も、こうした精神的な部分が大きいのかもしれません。

憔悴をしているということは、やはり活動は一時的に休止という流れになっていくのかもしれません。

現在は、本人の体調を確認しつつ、今後の活動については考えていくということが、事務所としての方針のようです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事