東京オリンピックのチケット抽選結果が620日にメールが届くようになります。

大きなイベントだけに、詐欺メールが直接メールとして届く可能性が高くなっているので、公式サイトでも注意喚起が行われています。

この記事の中では、詐欺メールを見分けるコツを解説しているので、もし「2020年オリンピックチケット抽選結果のお知らせ」というメールが届いたら、こちらの情報と比較してみてください。

 

スポンサーリンク

2020年オリンピックチケット抽選結果のお知らせメールは詐欺?

 

まず確認しておきたい点ですが、「2020年オリンピックチケット抽選結果のお知らせ」というメールは、公式サイトから送られたメールの件名になります。

ですから「2020年オリンピックチケット抽選結果のお知らせ」という件名のメールが届いたからと言って「詐欺」というわけではありません。

 

しかし問題は、公式サイトで本物のメールの件名を公開してしまったことです。

基本的にメールを開くかどうかは、メールの件名を見て判断するのではないでしょうか?

ですから「2020年オリンピックチケット抽選結果のお知らせ」と書かれていたら、メールを開いてしまう可能性がありますよね。

できれば、公式サイトではメールの件名を公開してほしくなかったですね。

しかしすでに公開してしまったからには、間違いなく「2020年オリンピックチケット抽選結果のお知らせ」という件名でフィッシングサイトへ誘導するようなメールが大量に送られることになるでしょう。

 

スポンサーリンク

詐欺メールかどうかを確認する方法

 

2020年オリンピックチケット抽選結果のお知らせ」という件名のメールが届いたなら、まず以下の点を確認してください。

 

  • 送信元が公式サイトからかどうか
  • URLなどが記載されているか
  • 電話番号が記載されているか

 

まずは公式サイトからの送信になっているのかという点を確認してしましょう。

olympic」や「2020tokyo」というスペルが入っていたからといって、すぐに開封してしまわないようにしてください。

おそらく詐欺メールのアドレスにも「olympic」というスペルが入っているはずです。

大手会社などの名前を語った詐欺メールにも、ほとんどの場合会社名のスペルが入っているため、騙されてしまう人が多くなります。

 

メールの中身を見て真偽を確認する方法として、最も有効なのは、メールの中にリンクなどが貼っている場合は詐欺メール確定です。

「さらに詳しい内容はこちらまで」と電話番号は記載されていても、詐欺メール確定です。

公式サイトでは、すでにURLや電話番号をお知らせメールには入れないと述べています。

ですから「URL」や「電話番号」が記載されている時点で、詐欺メールということになります。

 

本物のメールに記載されている情報は以下のようなものだけです。

 

  1. 当選枚数
  2. 合計金額

 

URLや電話番号が記載されていないメールを受け取ったなら、公式サイトでログインして当選状態を確認してみてください。

東京オリンピック公式サイト
「tokyo2020.org」
「tokyo2020.jp」

 

決してメールに記載されているURLをクリックしたりしないで、自分で公式サイトのURLを入力してから、サイトに移動してください。

「tokyo2020」を含めた詐欺サイトのURLが、すでに大量に作られているので、かならず上記のURLを自分で入力してくださいね。

実際に詐欺メールが出てくることが、すでに予想されていますが、詳細情報が出たら、こちらで紹介していきます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事