女性教諭による生徒へのいかがわしい行為が、また問題になってしまいました。

今度は、千葉県の中学校で勤務していた女性教諭が、男子中学生に対して、学校やディズニーランドなどでキスをしていたことが判明!

この女性教師がだれなのか?

名前はなんなのか?

学校はどこなのか?

 こうした内容を解説しています。 

スポンサーリンク

男子中学生とデートしキスした千葉県女性教諭の名前とプロフィール

 

学生であれば、もしかしたら憧れる「女性教師」との恋。

でも実際の世界の中で、本当に女性教師と男子中学生がデートをして、付き合ってしまうなら大問題です。

これはあくまで夢で終わらせなければいけないことです。

 

特に教師という立場にいるのであれば、仮に生徒への思いを持ってしまったとしても、その気持ちは絶対に抑えなければなりません。

今回、千葉県の中学校に勤務していた女性教諭は、この気持ちを抑えることができなくなってしまったようですね。

 

千葉県教育委員会は、36日付けで、千葉県北部にある市立中学校の女性教諭を懲戒免職処分にしました。

つまり現在は、すでに教師ではなくなったということになりますね。

現時点で、女性教諭についての情報はほとんどありません。

わかっている範囲で、女性教師の情報をプロフィールにします。

 

名前:不明

年齢:44歳

職業:元教師

住所:不明

 

残念ながら画像も現在見つけられていません。

引き続き、この女性教師と男子中学生の関係を探ってみましょう。

 

スポンサーリンク

女性教師と男子中学生のデート場所はどこ?両思いだった?

この女性教師の年齢が、44歳であるということに、本当に驚きました。

44歳の教員が、中学生に手を出すなんて考えられません。

男子中学生が相手だったということであれば、30歳ほどの年齢差ということになるでしょう。

つまり男子中学生の母親よりも、年齢は上ということになるので、ご両親は本当におどろいたことでしょう。

 

生徒と女性教師の密会は、かなり頻繁に行われていたようです。

  • 学校のパソコン教室
  • 教科準備室
  • ディズニーランド
  • 葛西臨海公園

つまりデートは、1回ではなく、何度も行っていたようですね。

そして二人で出かけたディズニーランドで、ついに女性教師は担任していたクラスの男子生徒を抱きしめてキスをしてしまいました。

女性教師は、「いけないことだと分かっていたけど、気持ちを抑えきれなかった」と述べています。

さらに2人は「両思い」だったと千葉県教育委員会に話しているようです。

おそらく生徒も、先生のことが好きになっていた可能性もあるでしょう。

しかしあくまで、子供の感覚であり、大人がこうした気持ちを制御してあげる必要があります。

ましてや教師という立場であれば、なおさらです。

2人の関係は、2017年12月15日~18年1月26日までに少なくとも7日程度だったということです。

男子生徒が、母親に「先生とキス」したと話したことから、今回のことが判明したようですね。

出典:TBS公式HP

 

有村架純主演の「中学聖日記」を実践してしまった女性教師たちは、他にもいらっしゃいます。

中学聖日記を1本無料で見るならこちら

スポンサーリンク

学校はどこにある?

繰り返しになりますが、この女性教諭は、すでに懲戒免職となっているので、学校にはいません。

しかし、女性教師が校舎内パソコン教室や教科準備室で、男子生徒と抱き合ってキスをしていたということなので、次に教室を使うときは、意識してしまいますよね。

困ったものです。

学校の場所については、千葉県北西部の市立中学校というところしか現在分かっていませんが、情報が入りしだい更新したいと思っています。

 

こうした女性教師と男子生徒の、不適切な関係という報道を見ると、学生時代を思いだしますね。

どこの学校にも、とても綺麗な女性教師が1人はいるものです。

自分が学生だったころにも、1人かなり綺麗な先生がいて、いつも大人気でした。

個人的にちょっと親しくしていた時期があったので、2人きりになることもよくありましたが、その先生はいつもしっかりしていましたね。

体の接触はほとんどしてきませんでしたし、いつも感情をコントロールしているようでした。

学生時代は、結局その女性教師とは何もありませんでした。

当時は先生が25歳、学生時代なのでこちらは15歳でした。

その後、卒業をして、大人になってから出会いましたが、その時は先生は30歳で、自分は20歳でした。

当時のことを聞いたら、「結構気になっていた」と言ってくれましたね、

めちゃくちゃ嬉しかったです。

でも同時に、教師としてしっかりされていたのだと感心しました。

やっぱり、教師はこのような方でなければいけませんよね。

今回のニュースで、ちょっと昔のことを思い出してしまいました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事