体操界のパワハラが問題になっているが、今度は劇団四季キャッツでのパワハラです。

今回はパワハラをスーパーバイザーの加藤敬二氏から受けていた俳優が、飛び降り自殺を図っていたようです。

この俳優は誰なのでしょうか?名前はなんでしょうか?本当にパワハラなのか、解説しています。

 

スポンサーリンク

劇団四季キャッツのメンバーが自殺未遂!俳優の名前とは?

参照:劇団四季

 

日本の劇団の中でも、トップを争う劇団四季の中でショッキングな事件が起きてしまいました。

今後、劇団四季のプログラムを見るたびに、思い出してしまいそうな出来事になってしまいました。

劇団四季は、所属する俳優が自殺未遂を起こしたということで、原因の特定に急いでいるようです。

 

現在のところ、俳優の自殺未遂は、スーパーバイザーの加藤敬二氏によるパワハラが原因と言われています。

もちろんスーパーバイザーであれば、多くの権力や力を持っているので、俳優からすると絶対的な存在になるでしょう。

このような存在から圧力を掛けられていたのではあれば、本当に辛かったでしょう。

 

パワハラを受けて自殺未遂をした俳優は一色龍次郎さん 

 

現時点で分かっている範囲で、マンションからの飛び降りという自殺未遂を行った俳優さんの情報を解説します。

 

名前:一色龍次郎

年齢:27歳

 一色龍次郎さんの情報については、こちらでまとめていますので、ご覧ください。

具体的な自殺未遂の原因や理由とは?

 

今回、一色龍次郎さんが、マンションからの飛び降りをしたことは、劇団四季の中で大きな問題になっています。

なぜ将来を嘱望されていた俳優さんが自殺未遂をしたのでしょうか?

報道では、一色龍次郎さんは、劇団四季で振り付け指導を担当している加藤敬二氏からのパワハラに苦しんでいたと言われています。

今回の騒動の中心にいる加藤敬二氏についてはこちらで紹介しています。

 

今回、劇団四季キャッツという、多くの人に夢や希望を与えてきた作品で、このような問題が起きてしまったことは、非常に残念でなりません。

劇団四季は、このようなことがないように、再発を防止すると言っています。

もちろん現時点では、パワハラの真相はまだ解明されてきたばかりです。

 

今後もっと多くの情報が出てくることで、劇団四季の中にあるかもしれない闇も見えてくるのかもしれません。

 

続報です

 

今回は、キャッツのスーパーバイザーである加藤敬二氏の「罵倒する言葉」「配役を外される」「無視される」という行為が引き金になって一色龍次郎さんはマンションから飛び降りたとされています。

度重なる、上席者になるスーパーバイザー加藤敬二氏からの、こうした仕打ちによって徐々に追い込まれていったようですね。

もちろんなぜこうした接し方を加藤敬二氏が取ったのか、これからもっと明らかになってくるでしょう。

まずは一色龍次郎さんと加藤敬二氏についての解説をご覧ください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事