2016年から2018年4月まで続いていた、ケープタウンの水不足は雨季の季節に入り、かなり解消に向かって進んでいる。

現在の水不足の詳細と、2017年のダム貯水率との比較をする。

ケープタウンの水不足がどうなったのか?解消しているのか?こうした疑問にお答えします。 

スポンサーリンク

水不足は雨季の雨によって大きく改善した

 

西ケープ州全体で深刻な水不足の状態が続いていましたが、2018年の雨季(4月~8月)に例年通りの雨が降ったため、状況は大きく改善しています。

特に改善が見られたのは、ダムの貯水率が低く、枯渇の恐れがあった深刻な地域です。

 

4ヶ月前までは、ケープタウン周辺のダムの平均貯水率は16%に過ぎず、2018年2月より大都市の中で初めて「デイゼロ」、つまり水が枯渇する年になると言われていました。

 

2018826、27日には、ケープタウン市全体で大雨となり、さらにダムの貯水率は改善しています。 

現在のところ深刻な状態のままの場所は、Karoo地区ですが、ここは一般的に旅行者が訪れる場所ではありません。

この地域は、春から夏にかけて雨季になるため、今後の降雨が期待できます。

今後こちらのコンテンツで、ケープタウンの水不足に関する最新の情報をお伝えします。

水不足の解消へ-ケープタウンのダム情報(2018年8月27日)

ケープタウンの冬が終わる8月末も大雨が降り、水不足はかなり回復することになった。

 

今回の発表で、ダム貯水率は62.0%にまで回復している。

過去4年間のダム貯水率の推移を確認すると、2018年の回復がはっきりしてきます。

下記の統計は、2018年8月27日のダム貯水率のデータとなります。

2014年:101.1%

2015年:72.3%

2016年:57.7%

2017年:34.1%(最低時16%)

2018年:62.0%

2017年8月にダム貯水量は、34.1%まで落ち込みましたが、その後2018年2月まで雨が振らず、16%台まで貯水率は落ち込みました。

その後、2018年の雨季の季節によって、ようやく2016年の水準まで回復していることが分かります。

2014年から減り続けていたケープタウンの水は、ようやく右肩上がりになってきたという事です。

 

最も大きなダムの名前はTheewaterskloof Dam」と呼ばれています。

Theewaterskloof Dam

ダム貯水率の変化について説明した動画があります。

英語ですが、2014年以降のダムの状況を確認することができます。

引き続き、このコンテンツの中で、ケープタウンの水不足の情報を解説していきます。

スポンサーリンク

2018年9月第1週のダム情報

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事