世界中にあるミスコンテストの中でも、由緒正しいコンテストであるミス・ワールドの日本代表に伊達佳内子が選ばれました。

伊達さんは、興味深い家系の出身であるため、今後注目の的になるでしょう。

プロフィールや経歴、大学名などを紹介します。

 

スポンサーリンク

伊達佳内子のプロフィールや経歴

 

 

今回ミス・ワールド日本代表に選ばれた伊達佳内子のプロフィールについて解説します。

 

名前:伊達佳内子

生年月日:21歳

出身地:東京都

身長:169cm

資格:TOEIC940点

大学:慶應義塾大学4年生

 

才色兼備という言葉がふさわしい伊達佳内子さんですが、話せる言語が10種類以上ということです。

言語数を10ヶ国語挙げるのも難しいですが、なんとイタリア語、スペイン語、日本語、英語、韓国語、フランス語、ドイツ語の他にも4ヶ国語を話せるようです。

 

こんにちは(日本語)を幾つかの言語では次のような言い方になります。

英語:Hello

韓国語:안녕하세요(アンニョンハセヨ)

中国語:你好(ニーハオ)

スペイン語:Buenas tardes(ブエナス・タルデス)

フランス語:Bonjour(ボンジュール)

ドイツ語:Guten Tag(グーテン・ターク)

イタリア語:Buongiorno(ボンジョールノ)

 

こうした挨拶程度であれば、簡単に話せてしまう才能の持ち主ということです!

 

どの言語の水準も非常に高く、英語の実力はTOEIC940点ということです。

この言語レベルは、外資系企業でも採用されるレベルなので、非常に優れています。

 

ミス・ワールド公式サイト

伊達佳内子は伊達政宗の末裔(子孫)

 

伊達さんの名字で気付いた方もいるかもしれませんが、伊達佳内子さんは伊達政宗公の末裔ということです。

流石に独眼竜ではないようですが、面影が残っているのかもしれません。

しかも分家ではなく、伊達政宗直系21代目ということなので、本当に由緒正しいお嬢様です。

 

こうした家系であるため、ミス・ワールド日本代表に選ばれた時も、マスコミからおかしな質問をされていました。

「正宗はどう思っていると思うか?」

 

マスコミは本当にどうしようもない質問をするものですが、伊達佳内子さんは誠実に答えていました。

 

良くやったと言われると思います。世界に向けて一旗あげてこいと言ってくれるかもしれません

 

とても良い女性ですね、まさにミス・ワールド日本代表にふさわしい人材です。

 

伊達佳内子の今後の夢は、国際機関で働くことです。

すでに11ヵ国語が堪能ということなので、どの企業や機関でも欲しい人材となるでしょう。

その上、ミス・ワールドまで獲得したなら、職場を選びたい放題になるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ミス・ワールド開催の予定(日時)

 

今年のミス・ワールドは、201811月から開催される予定です。

場所は中国の海南島というリゾート地で開かれる予定なので、見に行くことも可能ですね。

海南島は三亜とも呼ばれており、中国の中でも楽園に近い場所です。

 

伊達佳内子さんの趣味は、スポーツが好きということです。

頭脳明晰で、運動までできるとは、神様からどれだけプレゼントをもらっているのでしょうか?

 

伊達政宗にどこが似ているのか、尋ねられると

 

「眉毛が太いところと負けず嫌いなところ」

と答えています(笑)

 

11月から開催されるミス・ワールド本大会が楽しみです。

 

伊達佳内子さんは整形なのか?

 

このような疑問を出すのは大変失礼な話ですし、整形ではないはずです。

ではなぜ整形なのではないかとされているのでしょうか?

ネットに出ている何枚かの写真が原因になっているようです。

その写真を見て検証してみますが、結論から言いますが、整形疑惑は根拠のない噂に過ぎません。

 

以下の写真は、伊達佳内子さんが9歳の時の写真です。

この時の写真と、現在の写真がかなり違うので、整形をしたのではないかと言われているようです。

 

参照:日本財団図書館

 

伊達佳内子さんが整形だと疑われる方は、ぜひご自身の「9歳」の時の写真を見てください。

現在の顔立ちと若干違うのではないでしょうか?

9歳と21歳現在を比べる事自体が無意味な事ですよね。

 

伊達佳内子さんの16歳当時の写真」もありますので、ご紹介します。

参照:日本吟院総本部

 

続いて、今回のミス・ワールドの公式ページに載っている本人の写真を紹介しますので、比較してみてください。

 

参照:ミス・ワールド公式ページ

 

この写真を見て、16歳当時と大きな変化がないことが分かるでしょう。

16歳の時点でほぼ完成されている顔立ちです。

この頃からミス・ワールド日本代表になる素質を持っていたと言えるでしょう。

整形疑惑自体が、根拠のない噂です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事