沖縄県知事である翁長雄志知事が突然亡くなり、生前に語っていたとされるテープが出てきた。

その中で翁長雄志知事の後継者として指名されていたのが、玉城デニー氏であり、この度出馬を決定した。

玉城デニー氏とはどのような人物なのか?沖縄県知事になるのか?現在分かっているプロフィールを解説します。

 

スポンサーリンク

玉城デニー氏のプロフィール情報

 翁長雄志知事に後継指名されていた、玉城デニー氏がついに、沖縄県知事選に出馬することを明言したので、内容を更新しました。

ついにという感じですが、まずプロフィールを確認しましょう。

氏名:本名 康裕(玉城デニー)

出身地:沖縄市うるま市

生年月日:1959年10月

血液型:O型

学歴:上智社会福祉専門学校卒業

経歴:沖縄県議会議員(2002年から2005年)、衆議院議員(2009年から現在4期目)

好きな食べ物:ワイン、チャンプルー

座右の銘:夢は必ず叶う、天は正論に信念と勇気を与える

所属政党:自由党

 

これまでの活動としては、衆議院の常任委員会や内閣委員会などの仕事を行なっている。

衆議院議員を4期にわたって勤め上げているところから推察すると、政治経験も深く、非常に優秀であることがわかります。

翁長雄志知事が後継として指名したとされるもう1人の人物である、金秀グループ会長の呉屋守将氏とは異なる経歴の人物であることが分かる。

 

玉城デニー氏の政治活動の精神とは?

 

一言で言えば、「沖縄オンリーワン」というものが玉城氏が掲げているスローガンになるでしょう。

沖縄県のことは、政府によって決められてしまっている印象が強いですが、玉城氏は沖縄県のことは沖縄で決めるというスタンスでいます。

特に基地問題に関しては、熱心に参加しているという経緯があります。

 

政治活動としては、経済や雇用、社会保障、子育てや教育、安全保障まで、全ての面で活動的に動いている政治家です。

特に安全保障の面では、アメリカと対等の立場で安全保障環境を作り上げることで、普天間基地の閉鎖や辺野古移設をゼロにするという見方を持っています。

自由党に所属している衆議院議員ですので、基本的には自由党の指針どおりの政治活動ということになるでしょう。

スポンサーリンク

玉城デニー氏の家族情報

 

玉城氏には、妻、母、男の子2人、女の子2人がいるようです。

衆議院選挙の時も、奥様の協力や家族の協力によって、当選することができたと感謝の言葉を述べているので、非常に協力的で素敵な家族をお持ちなのでしょう。

特に4人のお子さんがいるということは、今後の少子化対策の面でも、良い方向性を決められる方とも言えるかもしれません。

 

政治家というと、非常にブラックな評判があるという方もいますが、玉城氏に関しては、非常にクリーンな印象があります。

地元の沖縄県でも、非常に愛されている議員さんであるため、今回の沖縄県知事選挙に関しても、立候補を望んでいる方がたくさんいます。

 

しかし現在のところ玉城デニー議員は、沖縄県知事選挙への出馬を固辞していると言われています。

8月20日の段階で、沖縄県知事選挙への出馬を決定しました!

 

前知事の生前に録音したと言われているデープが出てきたことから、どのように事態が動いていくのか、非常に気になるところです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事