ついに開幕したロシアW杯ですが、早速番狂わせが起きました
前回W杯王者であるドイツが、メキシコに苦杯を飲まされました。

スポンサーリンク

ドイツがメキシコの高速カウンターに屈した

2018ロシアW杯でも優勝候補になっていたドイツが、メキシコの素早いカウンターによってW杯初戦で負けてしまいました。
もちろんメキシコも決して弱いチームではないので、番狂わせが起きないカードではありませんでしたが、それでもドイツが負けるのを見るのは非常に驚きです。

メキシコは試合開始から堅実な守備をしっかりと行い、ドイツに自分らしいサッカーをさせませんでした。ドイツでもキーマンとなる選手を徹底的に抑え込むことで、攻撃の形を作らせない、そんな守備を徹底させました。
メキシコの守備を崩せないドイツは、メキシコ陣内へのロングボールを多用せざるを得ない状況に追い込まれます。

試合が動いたのは前半35分

メキシコにゴールが生まれたのは、前半の35分!
やはりメキシコ特有の素早いカウンターからの得点でした。自陣でドイツからボールを奪うと、あっという間にカウンターの体勢に入ります。
エルナンデスがパスとドリブルで、ドイツ陣内まで進入すると、ロサーノが絶妙のタイミングで駆け上がってきます。エルナンデスからロサーノでパスが渡ると、ロサーノは巧みなドリブルでDFを躱して右足でドイツゴールを揺らします

2017年に行われたコンフェデレーションカップでも、ドイツとメキシコは対戦しており、その時は4-1でドイツの勝利でしたが、その時の試合内容とは全く異なる互角の戦いとなります。

ドイツのペースの時間帯が多くなるものの、ドイツのシュートはなかなか枠を捉えることができません。決定的なチャンスがドイツに訪れたのは、後半44分です。
ドイツのブラントが、ゴールエリア中央からロングシュートを放つものの、惜しくもゴールポストに阻まれてしまいました。結局試合は、このまま終了し、メキシコがドイツを1-0で下しました。この結果を受けてドイツのいるFグループの状況はどうなるのでしょうか?ご説明します!

これまでのドイツVSメキシコの対戦成績

ドイツは強豪国として、メキシコとこれまでに11戦行っており、5勝1敗5分けという戦績でした。勝敗だけ見れば、ドイツの方が圧倒的に優位に立っているものの、引き分けが5戦あるところから見ても、メキシコが善戦してきたことが分かります。
とはいえ、W杯という大舞台でメキシコが大金星をあげたと言えるでしょう。
しかしメキシコの勝利は、同グループに混乱を与えることになります。

スポンサーリンク

韓国は予選突破がかなり難しくなった

ドイツがいるFグループは、メキシコの他にスウェーデンと韓国がいます。
韓国がグループを突破するためには、ドイツが全勝で1位通過し、2位を争うという状況が一番望ましい状態でした。しかしメキシコがドイツに勝利したため、グループは混戦になる可能性が高くなり、一番実力の劣る韓国はグループリーグを突破するのは難しいでしょう。
韓国と当たる時のドイツは、死に物狂いでくるはずなので、万に一つも韓国が勝てる見込みはないでしょう。これからもFでグループの動向から目を離せなくなりました。
いずれにしても、メキシコの勝利は素晴らしかった!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事