非常に心配なニュースが入ってきました。

ネパールで日本人が乗っていたヘリが墜落したようです。

搭乗していた日本人の名前や墜落場所、ヘリコプター会社の名前、墜落の原因(理由)について解説しています。

 

スポンサーリンク

ネパールの日本人が載っていたヘリコプターが墜落した現場

 

日本人が搭乗しているヘリコプターが墜落してしまったのは、ネパール中部にあるゴルカという場所から、首都カトマンズまでの間ということです。

ヘリコプターを所有している会社の名前は、「アルティチュード・エア(Altitude Air)」ということです。

下の写真が、Altitude Airのヘリコプターになります。

参照:Altitude Air公式

 

今回墜落したヘリに載っていたのは、全部で7人(操縦士含まず)であり、その中の1人が日本人である可能性が高いということです。

 

ネパールの「アルティチュード・エア(Altitude Air)」という会社は、どのような会社なのでしょうか?

公式サイトを見てみると、こちらの会社は「山岳救助」活動も行っており、優れたパイロットが多数いる会社のようです。

パイロットの中には、退役軍人もおり、運転スキルが非常に優れていると評判の会社です。

 

「アルティチュード・エア(Altitude Air)」は、山岳救助だけではなく、ネパールを上空から撮影するサポートをしていることでも知られており、今回はおそらく「上空からの撮影」だったのかもしれません。

 

他にも「チャーター」をして、ヘリを利用できるシステムもあるようです。

どのような理由で、今回ヘリがネパール中部にあるゴルカという場所から、首都カトマンズまで飛行をしていたのか、これから分かってくることもあるでしょう。

 

コチラがヘリ会社の公式サイトになります

 

またこちらが、ヘリコプターが飛び立ったゴルカの地図です。

 

ゴルカ地方には、登山でも有名なマナスルがあります。

芸人のイモトさんが登山したことでも有名になっていますが、世界中の山の中でも登山家に非常に人気のある山ですね。

 

もしかしたら登山で訪れていた方だったのかもしれませんね。

 

現在のところ、日本人と思われる方は「行方不明」「安否不明」として報道されています。

今回、ヘリは突然航空管制との連絡が取れなくなったということなので、なんらかの理由によって、急に墜落したことが考えられます。

では搭乗していた日本人の情報についてみてみましょう。 

ネパール墜落ヘリに搭乗していた日本人の名前

 

現在ネパールの日本大使館では、搭乗していた方の名前を特定している状態になります。

今後、発表される事になりますので、続報でお伝えします。

 

続報:

時事通信社より、搭乗していた日本人の名前が伝えられています。

【ニューデリー時事】AFP通信によると、ネパール中部ゴルカ県で8日、7人乗りのヘリコプターが墜落した。在ネパール日本大使館によれば、搭乗者には日本人1人が含まれている。地元紙カトマンズ・ポスト(電子版)は、搭乗していたのはコマツ・ヒロミさんだと報じた。

同紙によると、午前8時(日本時間同11時15分)すぎ、ヘリと管制塔との連絡が途絶えた。他のヘリが捜索しているが、悪天候に阻まれ難航している。

 

墜落したネパールのヘリコプターに搭乗していたのは、「コマツ・ヒロミ」さんという方のようです。

 

現在のところ安否については不明であり、悪天候のため捜索も難しい状況のようです。

最新情報が報道され、救助隊が墜落現場(ヌワコット(Nuwakot)地方の森に覆われた山腹)に到着し、現場を確認しました。

日本人の乗客は、すでに亡くなっていたということです。

本当に残念なニュースになってしまいました。

 

ご家族の心痛はいかばかりでしょう。

 

もちろん今回の出来事は、予想できるようなことではありませんので、注意も難しいでしょう。

それでもやはり海外旅行には、細心の注意が必要になってくるので、海外旅行に行かれる方は十分ご注意ください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事