高島武彦容疑者(東京都豊島区広報課長)が、女子中学生と強制性交容疑で逮捕されました。女子中学生であれば、未成年であることは明白です。

東京都豊島区広報課長高島武彦容疑者の経歴やプロフィール、画像について紹介しています。

スポンサーリンク

高島武彦容疑者の経歴とプロフィールとは?

 

東京都豊島区広報課長という立場でありながら、女子中学生、しかも中学1年生への強制性交と行ったとして、高島武彦容疑者が逮捕されました。

本当に情けないですね。

 

高島武彦容疑者について解説します。

 

名前:高島武彦

年齢:56

職業:豊島区広報課長

 

高島武彦容疑者が実際に犯行に及んだのは、20181023日のことです。

夜に女子中学生を車に乗せて、都内の駐車場で暴行を行ったとしています。

高島武彦容疑者は、相手が「18才」だと思っていたと述べていますが、完全な言い訳でしょう。

 

では、どのようなきっかけで高島武彦容疑者は女子中学生と出会ったのでしょうか?

高島武彦容疑者が使用した方法は、「ひま部」という学生専用のアプリです。

 

高島武彦容疑者は、自分を男子学生であると偽ってアプリを使用しており、実際に女子中学生に会う時には、37才で1人暮らしと言っていたようです。

誘った時は、「ドライブに行こう」と述べて、女子中学生を誘っていたようです。

高島容疑者は、自身の容疑についてこのように語っています。

昨年秋ごろ、18歳くらいの女性と車の中で性交したと思うが、はっきりとは覚えていない

引用:毎日新聞

高島武彦容疑者の画像(写真)はあるのか?

現在、高島容疑者の画像は報道されていません。

しかし、相手が学生であることを知っていながら、車での強制性交に及んだことからして、懲戒免職になることが予想されます。

結果として、遅かれ早かれ顔写真が報道されることになるでしょう。

その歳、情報を更新したいと思います。

高島容疑者が利用したアプリは「ひま部」といいます。

参照:Google

 

このアプリを使用して、最初は「学生」として登録していましたが、少女と話していくうちに、自分が学生ではないことを告げていたようです。

37歳、1人暮らしと女子中学生には話していたようなので、この時点で少女が関係を切れなかったのが残念です。

アプリの中で、少女は自宅の電話番号や住所まで伝えてしまっており、結果として高島容疑者の言いなりになってしまったようです。

家族に危害が加わってしまうのを恐れていたようです。

もちろん女子中学生は被害者です!彼女を責めるのは間違っています。

 

しかし、それでもスマホアプリは正しく使うように、子供たちを教えて指導するのは、大人の責任です。

アプリ開発者側も、しっかりと年齢認証ができるようなシステムを作る、親は子供のスマホの使い方を監督する。

こうした事を実践していかないなら、また新たな犯罪が起きるはずです。

子供は嫌がるかもしれませんが、子供を守るためであることを「大人」は忘れてはいけません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事