女優の三田佳子さんの息子である高橋祐也被告が、覚醒剤取締法違反で逮捕され、更生施設に入所していました。

その更生施設は、なんと南の島にあり、そこで過ごす高橋祐也被告の映像と情報がスクープされています。

この更生施設は、どこの南の島にあるのか?裁判まで過ごした場所はどこにあるのか解説しています。

 

スポンサーリンク

高橋祐也被告が過ごしていた南の島にある更生施設はどこにある?

 

まず確認しておきたいことは、薬物依存の状態にある人が、更生するためには、それまでの世界から遮断することが必要であり、これを行わないなら簡単に元の状態に戻ってしまいます。

また多大のストレスをかけることも、薬物依存からの更生を妨げることもなるため、今回の高橋祐也被告が南の島にある更生施設にいたという事が悪いわけではありません。

 

高橋祐也被告を特別扱いして「南の島」の更生施設に送ったという事ではなく、正式に認可を受けている更生施設が南の島にあったという事です。

ですからこの更生施設を責めたり、吊し上げたりするような事はしてはいけません。

あくまで正規の更生プログラムの一環であるということです。

その中で、本人が反省し更生する意思を持つのかどうかは、本人の問題という事になるでしょう。

 

先程、説明したように薬物依存の方が外界から遮断される事は、更生のために必要なステップとなります。

そのため更生施設の中には、島に施設を設置しているようなところもあります。

高橋祐也被告は、今回こうした更生施設を選択したのでしょう。

その時の映像や画像が公開されたわけです。

 

現在のところ、高橋祐也被告が滞在をしていたとされる、南の島にある更生施設についてははっきりと公開されていません

施設が「高橋祐也被告」がいますよ!こんな風に公開していては、プライバシーの侵害でしかありません。

薬物依存というデリケートな問題である以上、更生施設の中に、そんなことをするようなところはありません。

 

それで、南の島を利用して更生を援助している更生施設がありましたので、ご紹介します。

繰り返しになりますが、高橋祐也被告がいると断定しているわけではありませんよ。

とても魅力的な更生施設だと個人的に感じたのは、以下の施設になります。

 

薬物アルコール依存症リハビリセンターGAIA(特定非営利活動法人)はどんなところ?

 

高橋祐也被告のような薬物依存になっている人を受け入れている施設として、薬物・アルコール依存症リハビリセンターGAIAという施設があります。

こちらは、薬物依存症やアルコール依存症、ギャンブル依存症などの方を治療するための施設になります。

 

このGAIAの中には、沖縄ケアセンターGAIAという所があるようです。

このセンターでは、沖縄にある大自然の中で、自然を楽しみながら体力を取り戻すためのスポーツプログラムがあります。

 

  • サーフィン
  • シュノーケリング
  • ゴルフ
  • フィッシング
  • アウトドア
  • フィットネスジム
  • 大自然合宿

 

一見すると、ただのリゾートのようなもののように感じるかもしれませんが、これはれっきとした依存症の方へのケアです。

薬物依存症であれ、アルコール依存症であれ、依存症になっている方の多くは「自分の感情」「周りの人の感情」というものに無頓着になっている傾向があるようです。

こうした「感情」に気づくことができるようになるためには、他人とのコミュニケーションが必要になるものです。

コミュニケーションをサポートしてくれるのが、こうした大自然に関係しているスポーツプログラムという事です。

 

きっと誰でも、キャンプを行なったり、スポーツに参加した時には、いつも以上に人とのコミュニケーションを取るのではないでしょうか?

まさにGAIAが行なっているリハビリは、このようなものだという事ですね。

さらに先程述べたように、こうした環境がストレスを溜め込まないような環境であるため、依存症の方にとっては非常に適している場所という事になるのでしょう。

 

今回、沖縄センターGAIAという施設で過ごしていたのかはわかりませんが、高橋祐也被告が南の島にある施設で過ごしていたというのも納得できるかもしれませんね。

実際、このGAIAを利用して立派に更生していった方がたくさんいるようです。

 

  • 自分の笑顔が好きになった
  • 変わっていく自分に気づくことができた
  • 想える家族や仲間がたくさんいることは、自分を変えるのにとても助けになった

 

こうした声がたくさん聞かれています。

もし、今薬物依存症やアルコール依存症に悩んでいるなら、こうした専門の施設を利用してみるのも良いでしょう。

高橋祐也被告も、少しでも早く薬物依存症から抜け出せるようといいですね。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事