気象庁が東京の桜が開花したと発表しました。
桜の開花は、例年よりも9日も早いようなので、暖かい気候が桜のつぼみに大きな影響を与えたという事でしょう。

スポンサーリンク

今後の桜開花の動きの予想

実際、東京一帯では2日間にわたって最高気温が20℃を超えてきていましたので、桜の開花が期待されていました。
通常であれば、桜の開花発表から7日から10日ほどで、お花見ができるほどの満開になるとの事です。

すでに開花宣言が出ていますので、今から1週間後くらいの24日や25日にお花見を計画できるかもしれませんね。
気象庁によると、東京地方の24日は残念ながら曇りとなっています。
また19日から21日まで、雨のち曇りの予報なので、満開は若干遅くなる可能性があるでしょう。

特に20日と21日は最高気温も10℃以下になるため、開花のスピードが鈍るかもしれませんね。
そうなると、28日水曜日くらいが一番の見頃になるかもしれません。
東京よりも開花が遅い地域であれば、3月31日などが、お花見には絶好の週末になるかもしれませんね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事