ちびまる子ちゃんの作者である漫画家さくらももこが死去しました。

急なニュースで驚きを隠せませんが、なぜ亡くなったのか、今後のちびまる子ちゃんの連載はどうなるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

さくらももこ死去!病気の名前は乳がんだった!

 

女性にとって最も危険な病気が、乳がんとなります。

さくらももこさんも、この病気と戦っていたということになりますね。

しかし53歳という若さで、この世を去ることになりました。

非常に辛いニュースです。

 

しかし、この後の事が非常にきになるものです。

さくらももこさんは、非常にアニメ界にも影響力のある方なので、そのように葬儀が行われるのか、いつ葬式が行われるのか、気になるところです。

 

きっとちびまる子ちゃんファンの方も、葬式の予定については気になるところです。

ではこれからちびまる子ちゃんの作者である、さくらももこさんのお葬式の予定について解説していきます。

 

さくらももこさんの葬式はいつ行われるのか

 

一般的に葬式は、状況をみて予定を決めていきますが、通夜は亡くなった次の日に行われるでしょう。

またさくらももこさんほどの方になると、葬式も簡単には日程を決めることは難しいものです。

ですから関係者と相談のうえ、今後決定されていくでしょう。

 

しかしすぐに行うのはやはり難しいため、今週末に葬式を行う可能性が高いと言えるでしょう。

 

今回のさくらももこさん死去の知らせを聞いて、多くの関係者がコメントをすぐに発表しています。

まずはさくらももこさんのプロフを振り返ってしましょう。

スポンサーリンク

さくらももこさんのプロフ

 

さくらももこさんが、漫画家としてデビューしたのは、1984年です。

2014年には、漫画家生活30年を迎えて、作家としての幸せを感じているとコメントを発表していました。

 

これからもちびまる子ちゃんをずっと楽しめると思っていただけに、本当に残念でなりません。

これまでの代表作は以下のようなものがあります。

ちびまる子ちゃん

コジコジ

神のちからっ子新聞

2015年には、まんが倶楽部も連載開始していました。

ですから、さくらももこさんも自身の身に、このような事が起きるとは考えていなかったかもしれませんね。

今回、さくらももこさんが、乳がんによって亡くなったのは、平成30年8月15日午後8時29分と発表されています。

すでに亡くなって12日も経っていたとは、本当に驚きのニュースです。

このタイミングで発表されたことなどについても、今後少しずつ情報が出てくるでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事