サガン鳥栖と言えば、フェルナンドトーレスの入団の話題があり、本当に賑わっていましたが、水を差すような事件が起きました。

佐藤基彦容疑者が女性への嫌がらせをしたことで逮捕され、本人も認めているようです。

佐藤基彦容疑者のプロフや経歴、今回の事件がチームにどのような影響を与えるのか解説します。

 

スポンサーリンク

佐藤基彦容疑者のプロフィール情報

 

名前:佐藤基彦

生年月日:19831116

住所:福岡県春日市

職業:サガンドリームス事務部部長

 

職業が、サガンドリームス事業部の部長ということなので、役員として勤務していることが分かります。

このような人物によるわいせつ事件は、チームにも大きな影響を与えることになるでしょう。

 

わいせつ行為とはどんな事?

 

今回佐藤基彦容疑者が行ったわいせつ行為とはどのような事でしょうか?

実際、こうした似たような行為をするケースが増えているので、女性の方は注意してください。

佐藤基彦容疑者が女性にかけた言葉は、「モデルになりませんか?」という言葉です。

 

その後、モデルになれるような体型をしているのかどうかを確認するために、体を触り、胸まで触ったということです。

 

女性にとっては、モデルになれるのではないかという話は、とても魅力的なものになるため、騙されてしまい方も多いようです。

今回は、体を触られるという准わいせつ行為であったものの、ひどいケースでは連れ去られたということもあります。

 

では今回の件によってチームはどのような影響を受けるのでしょうか?

スポンサーリンク

 サガン鳥栖が受ける影響

 

佐藤基彦の立場は、事業部部長というものであるため、チームとして謝罪をする必要があるでしょう。

チームとして今後同じようなことが起きないように、注意することが必要です。

しかしチームとして、今回の行為に関わっているわけではないため、試合日程などに大きな影響を与えることはないと思われます。

 

今後間違いなく、チーム代表などからのコメントが発表されることになりますが、日程の調整などはないでしょう。

言ってみれば、事業部部長職は、他の人物でもできるということですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事