人気YouTuberのラファエルさんのYouTubeアカウントが停止(BAN)されました。

200万人のチャンネル登録を誇っていたアカウントが停止された理由は、規約違反ですが、真相はどんな内容なのでしょうか? 

スポンサーリンク

人気YouTuberラファエルのアカウント停止の真相(理由)

 

まずは本人が語っている、メインアカウント停止についてのコメントを全文見てみましょう。

この度はラファエルチャンネルが削除された件につきまして、日頃から応援してくださっているファンの皆様、そして関係企業の皆様に多大なる心配、ご迷惑をおかけしました。誠に申し訳ございませんでした。

今後、ラファエルチャネルは人々に迷惑をかけることはなくエロ系や怪しい企業案件は一切やりません。また、熊と戦ってみた、ランボルギーニに轢かれてみた、他人の後頭部をバットでフルスイングで殴ってみた結果、などの過激な動画は一切辞め、クリーンで夕飯時に、家族の方が揃って見れるようなチャンネルを目指します。

今後は、お父さんが子どもや奥様の目を盗んでこそこそ視聴するような怪しいチャンネルではなく、完全クリーンなチャンネルにすることを、ここに誓います。

今後はこのチャンネルで復活するので、チャンネル登録のほど、よろしくお願いいたします。

禿げてるやん・・・・。

引用:本人YouTube

 

ここまでが、今後ラファエルさんが使う予定というサブアカウントで発表された内容になっています。

この謝罪文から、なぜメインアカウントが停止(BAN)されたのか調査していきましょう。

 

まずラファエルさんのYouTubeの内容を見てみると、バットで殴るなど、かなり過激な企画が多く、それが注目を集める理由になっていました。

結果としてチャンネル登録数も200万を超えるまでになっていました。

過激が内容の中には、エロ系の動画もかなり多くありましたし、個人的には人権に関するような内容もあったように感じます。

 

個人的に1番嫌だったのは、ホームレスに100万円渡したら、一体なにをするのかという企画でした。

企画としては、たしかに面白いのかもしれませんが、ホームレスの方をバカにしているように感じた方も多かったと思います。

もちろんホームレスの方は、感謝していたので、大きな問題にはなりませんでしたが、個人的には「う~ん」という感じだったのを覚えています。

 

今回、メインアカウントが停止(垢BAN)になった詳細な理由については、当然YouTubeから発表されていません。

本人も、どのような原因があったのかということは述べていませんね。

ただし、やはりこの件が大きく関係している可能性があるでしょう。

 

 

エロ企画が問題だったという話もありますが、YouTuberの中には、エロ方面ではもっと過激なものもあります。

ですから、暴力系とエロ系の動画によってアカウント停止とは考えられません。

 

やはり上記の詐欺のような投資について紹介してしまったためと思いますね。

 

スポンサーリンク

今後の活動で使うYouTubeアカウントとは? 

 

今後の活動は、上記のアカウント(これまでのサブアカウント)になるということです。

今回の騒動に関する、「謝罪動画」もこちらのアカウントで公開されていますね。

ちょっと気になる事としは、今後メインアカウントになるこちらで、偽物ラファエルさんアカウントについて注意喚起されていることです。

こちらはかなり重要なので、騙されないために、動画を直接ご紹介します。

メインアカウントが停止させられたとはいえ、かなりの影響力があるので、ご注意くださいね。

 

 動画の中でも言われていたように、Twitterの偽アカウントが大量に発生しているようです。

特に間違いやすいのは、数字の「1」とアルファベットの「l」の違いです。

ラファエルさんのTwitterは「https://twitter.com/Raphael05166140」ですが、最後の「140」が「l40」になっているというようなパターンの偽垢ですね。

本当に注意してください。

スポンサーリンク

今回のメインアカウントで失った収入とは?

 

今回、ラファエルさんが失ったものは、メインアカウントだけではありません。

メインアカウントにチャンネル登録されていたのは、200万という方です。

こちらの方々は、ラファエル動画がアップされる度に、視聴していた可能性もあるでしょう。

 

新しいアカウントの登録者数は、現在60万ほどであるため、140万の減少となるでしょう。

全ての動画をチャンネル登録者が視聴するとすれば、1つの動画で14万円ほどの減収となるわけです。

1ヶ月に10本の動画を投稿するとすれば、140万円のマイナスとなりますね。

これは、なかなかの数字ですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事