天皇杯の2回戦で考えられないような事態が起きた。プロの試合がPK戦で決着がついたにもかかわらず、なんとPK戦にルール違反があったため、PK戦からやり直すということだ!それもPK戦が終わり、選手も審判も引き上げて、その日も終了し結果が確定していたにもかかわらず、PK戦のみをもう一度行なう。


参照:ゲキサカ

これまでのサッカーの歴史で、PK戦のみをもう一度別の日に行うなど、聞いたこともない。そんな出来事は2018年6月6日、パロマ瑞穂スタジアムで起きた。この日天皇杯2回戦名古屋グランパスVS奈良クラブが行われ、試合自体は延長戦までもつれ込み、1-1の同点のまま試合終了。規定に従ってPK戦が行われ、奈良5-4名古屋となり、奈良クラブがJクラブの名古屋グランパスエイトを下して、天皇杯3回戦にコマを進めた。

しかし6月11日、つまり試合が終わってから5日後にJFA日本サッカー協会はPK戦のみやり直しを発表。こうした前代未聞のPK戦を最初から完全にやり直すことになった。

スポンサーリンク

PK戦を最初からやり直す理由とは?

聞いたこともないようなPK戦をやり直すという事は、なぜ起きたのだろうか?
JFL日本サッカー協会は次のように発表している。

次ラウンド進出チームの決定に直接影響を及ぼす、担当審判員による明らかな競技規則の適用ミスがあったことが確認されました

引用JFA

つまり試合後にクレームがすぐに出されたわけではなく、時間が経過してから、審判のミスが発覚したため、もう一度PK戦から行うことにしたという事。試合に負けた名古屋グランパスのチームもPK戦において、審判がミスを犯したこと自体に気付いておらず、そのまま結果を受け入れていたという事になる。その場であれば、やり直しの可能性があるが、選手も審判も完全に引き上げて、試合結果が確定した後にPK戦をやり直すことは記憶にない。

もちろん、JFAはルール適用ミスについてIFAB国際サッカー評議会に確認しており、手順的には間違っているわけではない。しかし一回結果が確定した試合に関して、PK戦のみもう一度、一人目のキッカーから始めるというのは、非常に珍しい。

では、どうしてこのような事が起きたのだろうか?多くのサッカー情報誌でも、徐々にPK戦やり直しが特集されてきているが、どの情報でも審判がどのようなルール適用ミスを犯したのか説明できていない。
その理由について引き継き、ご説明します

ルール適用ミスとはどんな事だったのか

PK戦で起きたルール適用ミスとは、映像を見てみると第4キッカーの部分が当てはまる。奈良クラブの4人目のキッカーがPKを蹴る時に、キックフェイントを入れた。キックフェイントはPKにおいてルール違反になるが、審判はPKのやり直しをその場で許可してしまった。つまり4人目のキッカーによるPKは、本来ルール違反による失敗としなければならなかったという事。

仮に奈良クラブの4人目のキッカーが失敗になっていたら

問題になったのは、仮に奈良クラブの4人目のキッカーが失敗という扱いになっていたならどうだったのかという点。実は、ルールに従って4人目のキッカーを失敗にしていたなら、PK戦5人目までの結果であれば、名古屋グランパスの勝利になっていた。ここに大きな問題があった。

審判のルール適用ミスが起こっていなかったなら、3回戦に進んでいたのは名古屋グランパスだったわけです。これが分かった時点でJFAでは、試合結果をひっくり返して名古屋グランパスの勝利にすべきか、試合結果を変えないで奈良クラブの勝利にするのか悩みます。どちらにしても不満が出る可能性があるため、前代未聞のPK戦やり直しという妥協案に落ち着いたというところでしょう。

スポンサーリンク

審判のルール適用ミスがあっても通常の処理方法

審判も判定においてミスを犯すことは十分あり、海外でもこうした事例は少なくありません。ルール適用ミスがあった場合、試合後であれば通常、判定ミスについて認め謝罪し、試合結果はそのままというケースがほとんど。今回のようなPK戦やり直しは聞いたことがありません。

実際、選手たちはすでに結果を受け入れて、次に向かって気持ちを切り替えてしまっているでしょう。もう一度PK戦を行うといっても、モチベーションが上がらないはず。やはりミスはミスとして認め、試合結果はそのまま変更なしという方が良い。

ではなぜPK戦からやり直しになったのだろうか?これはスポンサーに対する配慮が大きいだろう。天皇杯は非常に大きな大会であり、トーナメントを進めばスポンサーにとってメリットになる。実際、これが一番大きな要因になっているだろう。

今回のPK戦やり直しに対する街の声

・やり直しは良くない!こんな方法が前例になってしまったらどうする?
・選手も審判もピッチを去った時点で、結果が確定していると判断した方が良いのでは?
・過去にもPK戦で判定ミスがあったのに、結果は変わらなかった。なんで今回だけ??

街の声でも、今回のPK戦のやり直しは疑問符が付いてしまっているようです。PK戦やり直しは決定事項なので、実施されますが、今後の判例とならないようにしてほしいものだ。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事