大阪府寝屋川市の路上にロープを張って、通行しようとした77歳の新聞配達員の女性に怪我をさせた男子高校生2人が逮捕されました。

この高校生が誰なのか?名前や学校などの情報が気になりますね。

なぜ高校生にもなって、道路にロープを張ったらどうなるのか、分からないのでしょうか?

本当にがっかりです。 

スポンサーリンク

ロープを道路に張った高校生の名前や学校はどこ?

 

大阪府寝屋川市の路上にロープを張った高校生についての情報は、ほとんどありません。

現在分かっているのは、以下のような情報のみです。

 

年齢:16歳

学年:高校二年

高校:私立学校

 

上記のような情報のみが、現在分かっていることなので、ほとんど本人の情報はありませんね。

しかし驚きなのは、この2人の高校生2年生の男子が道路にロープを仕掛けたのは、夜中の2時と言われています。

16歳の高校生が、夜中に街をうろつくような事を許していた親にも、大きな責任があるかもしれません。

とはいえ、最も責任を感じなければならないのは、高校生2人です。

 

今回、道路にロープを仕掛けたことで、77歳の女性に大怪我を負わせることになってしまいました。

怪我をしたのは、77歳の新聞配達員の女性です。

夜中に新聞配達をしていた時に、急にロープに引っかかったとしたら、本当に恐ろしかったでしょう。

急にバイクが止まって場合、体は慣性の法則に従って、そのまま投げ出されてしまいます。

今回の女性もおそらくそのようになったでしょう。

 

結果、77歳の女性は、左脚骨折などの重傷です。

非常に危険な行為であったため、警察は「殺人未遂と往来妨害」という2つの容疑で、2人を逮捕しました。

この容疑で、そのまま調べを進めて欲しいものです。

高校2年にもなって、真夜中にロープを道路に張ったら、どうなるのか分からなかったのでしょうか?

本当にどうしようもない高校生ですね。

では、なぜ彼らはこのような行動を取ったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

高校生がロープを道路に張った理由

 

今回、真夜中に道路にロープを張った理由について、高校生は次のように語っています。

「転ぶ人を見て楽しもうと思った」

この理由を聞いて、本当に空いた口がふさがりません。

思考回路がまったく理解できません。

しかも、転ぶ姿を見ようと、ロープの近くで待機していたということです。

 

このような危険な行為を行うと、どうなるのか、しっかりと分からせるためにも、「殺人容疑」については変更しないで捜査を続けて欲しいものです。

高校生は、「殺人容疑」については否認しているということです。

おそらく「殺人容疑」は傷害に変わるでしょうが、高校生はきちんと反省して、自分の行為がどれほど愚かだったのか、きちんと理解して欲しいです。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事